2009年07月27日

サイバー・ツーリスト

渡英から丸3ヶ月たちました。
サマーシーズンは学校が黒山の人だかり的な、春の黒鳥山公園みたいなノリやから2週間休止し、イングランド北部を旅った。

ロンドン〜ケンブリッジ〜マンチェスター〜湖水地方

今回のテーマはサイバー・ツーリズム。
日本でもようやく観光省(庁やっけ?)なるものができたらしいが、おそらく立命館大学観光学部とかできるんちゃうかな?
てことで、立命の観光学部ができた時に俺が客員教授で呼ばれる事を想定して、ツーリズムの勉強をしてきました。

ブライトンからロンドンへ。列車で20ポンドやねん。
でも、オンラインで予約すると、3ポンド。安すぎる。
http://www.nationalexpress.com/home.aspx
ナショナル・エクスプレスこれで、コーチ(長距離バス)、列車、市内バス、飛行機、全て一括で検索できる。時間指定も乗り継ぎも完璧。
そして安い。

IMGP0627.jpgロンドンのピカデリー・サーカス着。

友人Tと合流。


http://www.britainontrack.com/buypasses/passes.cfm
ブリットレイル・パス(イングランド内列車乗り放題チケ)を購入しようとしたら、「お前観光ビザちゃうからアカン」って言われた。
悲しい。

ブリットレイル・パスが無理ったので全ての予定が白紙に。

IMGP0628.jpg諦めて列車でケンブリッジへ行く。

20ポンドぐらい。


ユースホステルに泊まった。ここでネットを使い電車とかバスとか宿とか予約しまくった。サイバー。

IMGP0636.jpgP1050547.jpg観光。船。寝そべりながら英語の解説を聞いていた。
くそシナ人がいまくって邪魔すぎた。

なんかこの大学通ったら賢くなるやろうなと思いました。

IMGP0641.jpgIMGP0642.jpgサブウェイに入店。昼飯は食べてない。目的はWiFi。つまりネット。
ネットでホテルとかの場所を検索しようとした。

http://www.hostels.com/
ホステル.コムでユースホステルを予約しまくった。夏場で土日やからかなり厳しかった。
マンチェスターと湖水地方な。

その後、プリンターがないので、TのiPhoneに画像添付でメール送信。iPhoneもWiFiいけるから、国際電話メールにならずに、全ての情報を移した。無敵になった。

IMGP0644.jpgIMGP0645.jpgバス乗ってたら雨漏り。天窓閉めようとしたが無理でした。
後ろの人雨かかりまくっててかわいそうやったけどなんかおもろかった。
夜の8時半に虹が出ていた。白夜。


マンチェスター。

さすが炭鉱都市ナルシェだけあって、ゴミ箱の上から煙が出ていた。今も昔も炭鉱で栄えているなと思いました。


マンチェ何もやる事なかったから博物館潜入。無料。
なんか展示物で木星の模様ができる仕組みみたいなんがあった。
イギリス人が賢くなる理由が分かった。日本の博物館ってレベル低すぎるよな。しかも800円とかザラやん。
死を待つばかりの老人に税金投入するよりも、子供の教育に金をそそげば良いのに。と思った。

IMGP0658.jpgんで湖水地方着いた。
IMGP0657.jpg朝食は、スーパーで購入したケロッグのチョコフレークとか自作マフィン・サンドイッチ。
うまい。

IMGP0661.jpg適当に散策。
IMGP0671.jpgIMGP0674.jpgP1050657.jpgピーターラビットの世界館みたいなとこ行った。良すぎた。むちゃかわいかった。


P1050774.jpg土砂降りでした。



結論。

イギリス旅行するなら、ネットブック必携である。交通費半額以下で済む。 でか過ぎるノートパソコン持参したけど、だいぶ重かった。

iPhoneのおかげでかなり助かった。プリンターないからオンラインチケ印刷できへんかったからな。まあネットブックあったらいらんけど。

夏場はユースホステル予約しとかんと、満タンになってくらいまくる。

無線LANサービスはますます重要になるだろう。

かなりサイバーやった。2日前ぐらいに予定たてて、オンライン予約(クレジットカード)で、駅に端末があって、クレジットカードつっこんだら勝手に照会してチケットでてくるねん。無敵。

別にこういうスタイルが好きな訳じゃないけど、もっと行き当たりばったりが好きやねんけど、それでも20ポンドが3ポンドになったりするなら喜んでサイバーるわ。

日本が見習うべき箇所も多い。
posted by きく at 20:53| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

セブン・シスターズ

住んでるとこからバスで1時間。
持ってるバス定期でいける範囲やからお金使わんでええし、ちょうでええわって感じで行ってきた。
ソロでな。
IMGP0553.JPG
バス停降りたらクンショウモがいまくりそうな池があった。
IMGP0566.JPG
毛を刈られた羊しかおらんかった。
こいつら見て、つるぴかハゲ丸ってずいぶん思い切った名前やなって改めて思った。

すさまじく丘やけど、健脚を見せ登りまくった。2時間ぐらいかかった。奥技 昇り龍。
昇り龍…誰かの技やったと思うけど思い出せん。アシュトンって奴が出てるゲームの携帯持ってる女の子やったと思う。
IMGP0556.JPGセブン・シスターズの頂上着。7姉妹。なんで7姉妹って名前なんかが気になって、そこらへんの写真活動をしているおっさんに聞いてみた。
写真撮るぐらいやから知ってると思ったが知らず。

崖以外何もないので適当に座ってから帰宅コース。
IMGP0560.JPG帰路の途中、なぜかトーチカがあった。なんでやろ?
ビダ族の移動トーチカかもしれんと思って、中覗いたらコカ・コーラのペットボトルしかなかった。
IMGP0559.JPGなんか雰囲気が 雷鳥の里 に似ていると思う。
平塚らいてふ。元始、女性は太陽であった。
IMGP0563.JPGforeveryours.jpgミスって自分の足撮影してしまってんけど、偶然ELTの Forever yours っぽくなった。

このジャケのバーバリーチェックの足めっちゃスラっとしてて凄いスタイルええっぽいやろ?
これ実は写真縦に引き伸ばしてるねんで。 騙されたらアカン!
画像やったら分かりにくいけど、本物のジャケ見たら分かるわ。右上の指の形が不自然やねん。
neo-foreveryours.jpg
ほんまはこんな感じ。

行きとちゃう道とおってたら seven sisters ビジターセンター発見。
「なぜセブン・シスターズなん?語源は?名前の由来なに?」って聞いたら、
「ギリシャ神話に出てくるプレアデス7姉妹が元やで。7つの大きな何かをあらわす時によくセブン・シスターズって使うねん。石油メジャーもでかい7つが世界を支配してた時代はセブン・シスターズって呼ばれたやろ?」
「知らん」
「セブン・シスターズには崖のピークが7つあるからやねん」

本帰宅後調べたら、確かにホンマっぽかった。

○セブン・シスターズ(石油メジャー)
エッソ、モービル、ロイヤル・ダッチ・シェル、ブリティッシュ・ペトロリアム、シェブロン、ガルフオイル、テキサコの7つ。
どーでもええが、この7つのうち3つがロックフェラーの創業。無敵。さすが純資産30兆円。

○UFJ銀行のセブン・シスターズもあるらしい。
アプラス、国際興業、国際自動車、双日、ダイエー、大京、ミサワホームの7大不良債権やってさ。
posted by きく at 03:38| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

4/13〜15 非常事態宣言の中発熱

thai-lao2.jpgタイ非常事態宣言、国境封鎖、首相官邸占拠、列車ストップ…国家転覆の危機。
一方でのソンクラーン(タイ正月)の馬鹿騒ぎ。
何やねんこの国は…と思いつつ、ノンカイからバンコクを目指す。

ちなみに水かけの被害にあって後に発熱。
4/13
IMGP0429.jpg宿を出る。ノンカイ観光へ。日本から持ってきた蚊取り線香。もうラオスみたいなくそ宿宿泊もないので、邪魔になったから、宿の人にあげた。プレゼントって言うたら喜んでた。
その際、タイ非常事態宣言につき密入国したのでタイ入国税を支払わなかった分、キープ(ラオス通貨)が少し余った。
ロシヤと2人分で30000K(360円)。ダメ元で、宿カウンターで両替してやって言うてみる。
英語全く通じへんねんけど、なんかいけた。蚊取り線香の賄賂が効いたな。120B(360円)。嬉しい臨時収入。

IMGP0436.jpg歩いてたら仏閣を発見したので入る。
盛大に何してるんかと思ったら純金の仏像を移動させてた。めちゃくちゃ重そうやったで。
多分東大寺の仏像のスス落とし(?)と似たような正月行事なんやと思う。
Nikonの一眼レフを構える坊さんがステキやった。

どうもこの黄金の仏像はラオスで造られたものらしい。それをタイ(当時のシャム王国)が侵略してぱくってんて。
ラオスかわいそう。その反撃で今TV電波ぱくってるんやろうな。
因果応報。
釈迦の教え。

IMGP0440.jpg
なぜかガソリンスタンドのバイトの奴らに、ベビーパウダーを塗られる。正月浮かれも大概にしておけ。

もう水かけられすぎてだるかってん。
そら地元の奴は家帰って服着替えたらええけど、こちとら換えの服がない上に全荷物背負って歩いてるねん。水かけるな。
IMGP0441.jpgIMGP0442.jpgそこへ救いの神が現れた。
いや、女神やな。
屋台のオバちゃん。 このオバちゃん何故か無傷。これ幸いとばかりにオバちゃんに密着して、あたかも家族のように歩く作戦を実行。
IMGP0443.jpgこれが見事にはまり、最後の方は水かけられることなく、なんとかサラケオクーに着けた。
でかい仏像がいまくる。
IMGP0447.jpgIMGP0454.jpgちょっと休憩してから入場。
右の写真俺の指と同じ形やろ?
多分俺バラモンやってんな。前世。
IMGP0449.jpgIMGP0450.jpgでかい蛇の上に座る仏。
下にこっそりちっこい賽銭箱あった。
がめついくせにセコイ。せっかく威厳あるねんから、もっと派手に金せびればええのに。
IMGP0455.jpg
お洒落なオッサンがおった。
多分H&Mで売ってる最新モデルの短パンに、オールスターコンバースをあわせてる。
お見事。
IMGP0456.jpg建立した人が、ヒンドゥー教と仏教を勉強したバラモンらしく(節操がないが)、バラモン教、ヒンドゥー、仏、の仏像がまぜこぜであるねん。
これ顔いっぱいあるから多分ヒンドゥー。
腕が折れないように、こっそり石版で支えてる辺りに"美"を感じた。
俺こういうの好きやねん。

IMGP0458.jpg3時間ぐらい見て回って出発。おじいちゃんのトゥクトゥクに乗せてもらう。
Kitaro(昨日ホテルまで乗せてくれたにーちゃんの店)行こかって感じになって、行ってもらう。おじいちゃんなので当然英語が通じない。50Bで行ってくれるみたいやった。
IMGP0459.jpg水かけられまくって、おじいちゃんは直撃してた。後部座席は、雨避けのビニールを装備し、防御力が格段にアップした。
それでもぬれまくったけどな。
IMGP0461.jpgKitaroはクローズしていた。
お正月やからしゃあないか…
一言お礼言いたかった。IMGP0462.jpgんで駅着いた。
んなら、
「列車は無い。あなたは死ぬしかない。」
って言われてくらいまくる。
ストライキでバンコクを列車が出発せず、折り返しの電車も芋づる式に無くなったらしい。
悲しすぎる。
実際はストじゃなくて、非常事態宣言でタクシン前首相派が首相官邸占拠したりしてる影響ってのは後々分かった。
IMGP0463.jpg「一体全体どうしたらいいって言うんだ!」
って駅員にキレると、バス使えって教えてくれた。
バス停まで行く途中、「バンコクの空港閉鎖してるで」って嫌な情報をタイ人ツーリストが教えてくれた。
でもとりあえずバンコク行かなアカンし。
IMGP0464.jpgなんやかんやでバンコク行きのバスはいけた。350B(1000円)。列車よりもだいぶ安い。半額近い。
出発が夕方6時やったから、近所うろついたり、ご飯食べたりしつつ暇を持て余してました。飯は35B(100円)

ソンクラン(タイ正月)の水掛祭り絶好調で、世の中アホばっかりやと思った。
国家転覆の危機。かたや水かけまくってはしゃいでるねんで?
くそすぎる。

明らかにりんごじゃない物をリンゴって言い張る物売りのおばちゃんとかもおった。
4/14
朝4時半ぐらいにバンコク着いた。意外にも順調やった。時間も遅延なく到着。IMGP0467.jpgタクシーの運ちゃんが非常時なのをいい事に、客を選びまくってた。儲かる客以外断ってた。

釈迦の教えはどこへったのか。

客選びまくってたからしばらく待ったけど、なんとかタクシーも乗れて、バンコクにおる知り合いの家に無事着いた。
IMGP0468.jpg
一眠りしてから適当に散歩。水かけまくってた。
重装備のアドレナリン・ジャンキーどもが。

IMGP0473.jpg
天気ええから、カエルがゆだってた。生きてるけどな。
それなりに熱いお湯にいきなりカエルぶちこんだら、カエルは飛び上がって逃げるけど、低い温度から徐々に温度を上げていくと、カエルは逃げずに湯だって死ぬ って有名な話あるやん。

今の人類の地球温暖化とか環境汚染とか食糧危機に重ねてよく言われる比喩やけど。

うん…まあ別にだからどうしたって言われても何もないねんけどな…。
ソンクランの水かけのせいで発熱。
頭が悪すぎる。喉調子悪いのにプールとか入るんじゃなかった。

4/15
発熱して日中は一生寝てた。
しんどすぎる。

鳥か豚かSARSの可能性もあったかもしれんけど、強行して日本帰国しました。結局の気管支炎やったっぽい。
水掛け祭りのせい。
posted by きく at 23:33| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

4/11 4/12 タイ非常事態宣言&国境封鎖

thai-lao2.jpg
4/11にラオス北部から一気にバンビエンまで戻って、4/12にタイ入国。

ラオスってTV放送ないねんて。ほんま国何やってんやろ?
みんなタイのTV電波パクって見てるらしい。言葉似てるから分かるんやろうな。


4/11

前日に約束してた孫文と落ち合って、ルアンパバーンを目指す。

     おっさんがエアガンで遊んでた。IMGP0367.jpg

ルアンで、そのままバン乗り継いで、バンビエン目指す。
IMGP0369.jpgIMGP0371.jpgノーンキヤウ→ルアンパバーン6万K(900円)。ルアンパバーン→バンビエン12万K(1800円)。

途中で雨降ってきた。

瞬く間に豪雨。
有効視界1m。何も見えない。車立ち往生。

IMGP0375.jpgと言うわけで、大幅に遅れる。

途中で白人ねーちゃんが車酔いで車内ゲロ。くそ。

9時半にバンビエン着。緑の運ちゃんの会社の社長(俺の想像)が、
社長「お前何やってたんじゃ。遅すぎるねん」
運転「いや、雨で立ち往生してたんすよ。寄り道じゃないっすよ。」
社長「馬鹿者!雨ぐらいなんだ。ちゃんとタイムテーブル守らんか!」
運転「へい!すいやせん!」
みたいな会話をしてたと思う。
IMGP0376.jpg宿に荷物ほりこんで晩ご飯。WaiWai soup with chikenっての頼んだら、ただの、ぬるいチキンラーメンがでてきた。
ワイワイスープってなんやろ?もしかしたらホンマにチキンラーメンかもしれん。1万K(120円)。
IMGP0377.jpgIMGP0378.jpg適当にウロウロして、いらん服捨てまくって睡眠。

一生移動で疲れた。


4/12
IMGP0380.jpgIMGP0381.jpg朝8時半ぐらい、バス停(って言うても何にもない原っぱやけど)行った。
遠くにバスがおった。
どうも、ホテル所有のバスっぽい。
MALANYってホテルと同じ名前のステッカーバスのフロントガラスに貼ってあった。
エアコンが稼動して、白人の頭悪そうなタンクトップのねーちゃんが、
「エアーコンディショニーング!」
て嬉しそうに叫び声をあげてた。

IMGP0384.jpgIMGP0385.jpgIMGP0387.jpg

2時半に首都ビエンチャン到着。
首都だけあってCanCanとか置いてた。エビちゃんかわいい。エビちゃんちゃうかったらごめん。適当。

カフェで飯。3万K(360円)やっぱり物価高い。カルピスソーダみたいなカルピコってやつがあった。明日のもと:味の素。
俺の個人的な好みやけど、味の基 って書く方がかっこええから好き。
エアコンきいてて凄い綺麗やった。さすが首都。

トゥクトゥクのおっさんに国境までの値段聞いたら、9万K(1000円)とか言われてダルフール紛争。バンビエンまで3万やのになんで国境まで9万やねん。
トゥクトゥクの運ちゃんボリすぎ。
釈迦の教えはどこへいったのか。
「9万とかいらん」
って言いまくったら、だんだん値段下がって5万になった。
でもこん時全財産2万K(240円)ぐらいやったからどうせ乗れない。貧乏。

貧乏人は歩くしかない。

IMGP0388.jpg街の中心の ナンプ広場 には何にも無かった。
どこの国でもドーナツ化減少に苦しんでるらしい。
IMGP0389.jpgワットシーサケート。入場2万K(240円)なので入れない。外から見ただけ。IMGP0390.jpg
ラオス凱旋門:パトゥーサイ(アーヌサワリー)。戦没者を奉る門らしいから、全然"凱旋"じゃないやんと思った。
1960年に見切り発車で着工。財政難で未だ未完成。くそすぎる。
ラオス国民の中で「ラオスの恥」と忌み嫌われてるらしい。
IMGP0391.jpgIMGP0392.jpg割と有名なお寺:ワットホーパケオ。
入場料2万K(240円)なので入れない。寺がめつい。
釈迦の教えはどこへいったのか。
外から見るだけ。
IMGP0396.jpgIMGP0397.jpgバス停着。
バスで国境まで5千K(60円)やった。
釈迦の教えはここに生きていた。
変なビニールに入った赤いジュース2000K(24円)で購入。味普通。
蓮の茎みたいなんが沈殿してた。分からんが甘かったから多分砂糖の代わり+色づけ用に蓮の茎入れてるんかうかな?


IMGP0399.jpgIMGP0400.jpgIMGP0402.jpg

クオリティの低い国境に到着。
出国税カウンター素通りして金払わず。
適当やねん。クオリティが低い。
バスにすし詰めにされた。雪隠詰め。
IMGP0403.jpg
典型的なタイの少年。多分金持ち。だって顔がむかつくもん。
典型的なタイの少女。目回してる辺りが良い。なんか面白いんやろうな。ずっと回って目回してた。
IMGP0406.jpg赤組(タイ前首相タクシン派)が大暴れして、国境封鎖されてたので裏口から密入国。
くそすぎる。

IMGP0408.jpg
と言うわけで、無事タイ入国した。ノーンカイって街。

IMGP0410.jpgIMGP0411.jpg宿探して放浪して、Kitaroって日本食レストランで、
「宿ないん?」
って聞いたら、ウエイターが車に乗せてくれた。ありがたい。
釈迦の教えはここに生きていた。

しかし、到着した場所は高級ホテルだった。一泊1500B(4500円)。無理。
金足りない。貧乏。しょんぼり。
釈迦の教えはどこへ…

IMGP0412.jpg高級ホテルから徒歩15分。
良い感じのクソ宿があった。
ツインルームで300B(900円)。1人あたり450円。いける。ここならいける。

IMGP0418.jpgIMGP0417.jpg 屋台でゴキブリのフライとサナギのフライと干しガエルが売っていた。
「お金ないねんけど、1個食っていい?」
って聞いたら、ええよって言うてくれたからサナギ食う。
まあ…味は普通。確かにカスタードクリームっぽいと言えなくもない。
IMGP0422.jpgIMGP0423.jpg
戦う少年。
金をかける大人。
釈迦の教えはどこへいったのか。

IMGP0427.jpg
蚊取り線香炊きまくったから、絶対喉を痛めると思って、顔にタオルぐるぐる巻きにして寝た。
マスク代わり。
posted by きく at 17:43| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

4/10 ルアンバパーンからノーンキヤウへ

Thai-lao_map.jpg
旅行行程。赤が全行程で、青がルアンパバーンやな。タイは列車。ラオスは全部バス。

IMGP0301.jpg7時半起き。ロシヤが腹の調子が悪くなったらしいので、俺ソロで朝飯。
春雨ヤキソバとチマキモドキ。チマキモドキは中からココナッツ風味のお餅みたいなんが出てきて非常に不味かった。ココナッツいらん。ヤキソバ+モドキで4000K(50円)安いから許す。屋台の人に「これ不味いよね」ってクレームをつける。多分英語やから通じてない。

ワンボックスのバンでノーンキヤウを目指す。
9時半発で意外にも12時半に着いた。事前情報よりかなり早かった。
「快適な旅をお約束します。俺やから12時半につけた。他の運転手やとこうはいかない」
とか言うてたような気がするが、もしかしたら俺の妄想かもしれん。なんしか言葉が分からんから全て推測。

ノーンキヤウ到着。近い宿入る。クソ部屋やけど、1人2万(240円)と、かなり安いのでもうこれでええってなった。
IMGP0311.jpgIMGP0313.jpgIMGP0315.jpg

小さい町。
鳥の足食う。2千(24円)。安いけど、どうやって食うんか分からん。しゃぶるだけなんかな?
この鳥足屋でお昼ご飯。そんな量いらんから単品で1個ずつ3つぐらい注文したらおっさんが
「なんで2人やのに1個ずつやねん」
とか言う。なんでもええやんほっといてくれ。
地元のヤンキー集団と店の孫娘みたいなんが、なんか店を占領してきてダルビッシュやった。
デー「よーハンナ」
ハン「あら、デービッド。鳥足食べていかない?」
デー「お前またこんなシケた店にいるのかよ。バイクで風になろうぜ?」
ハン「私はすぐにこんな町でてビエンチャンに行くのよ。そこで女優になってみせるわ」
親父「こらハンナ!店番手伝わんかい!」
ハン「嫌よ!お父さん1人でやればいいじゃない!」
みたいな雰囲気。あくまで雰囲気。んで女優になりたいくせにビエンチャンとか言うてる世間知らずっぷりがなんか滑稽やった。まあ全部俺の推測やねんけどな。全然ちゃうかったらごめん。

肝心の料理だが、まずくて残しまくった。

IMGP0317.jpgIMGP0318.jpgIMGP0320.jpg
IMGP0322.jpg前ちらっと書いたけど、タイ・ラオスはこの時期が正月でみんな馬鹿騒ぎしてるねん。ほんまだるい。
みんな地元のカヌーレースに夢中で相手してくれへんし。

静かな田舎町を想像しててん。風の谷みたいな。風の谷のジルの子ナウシカ的な。今年のブドウは粒が重くて汁も多い的な。

屋台でたこ焼き売ってたから食う。ラオスたこ焼き2000K(24円)。ココナッツ味。まあ旨かったけど。

水かけられまくる。この娘は空気よんでちょっとだけかけてきただけやった。良い。
頭の悪い青年団みたいんが嫌。

IMGP0329.jpg町をぐるっと回って適当に歩いてたら、セーリングって書いてる看板を発見。
娘っこに話かけたら、表へ回れみたいなノリでよく分からんまま何故か一緒に昼ごはんを食べる事になった。

右の裸のオッサンがニープン。真ん中のおじいちゃんがニーシン。おじいちゃんは60歳やって。確か15人の家族がおるとか言うてた。
英語がまるっきり通じず、全て手話による会話。

IMGP0331.jpgアルコール度50ぐらいの酒を飲まされまくる。
完全に酔っ払い。

これからボート乗るので、転覆したら逝ってしまうという懸念もあり、途中から継がれた酒は全て地面に散布した。俺の横の床びちゃびちゃになる。

IMGP0333.jpgIMGP0335.jpg全く話の通じないまま1.5hぐらい昼飯食って、カヌー乗りに行く感じになった。何がなんだか分からない。お酒でもうフラフラです。

おっさんがカヌーを準備。酒飲みまくってた割にはしっかり船に立ってた。さすがである。

IMGP0340.jpgIMGP0343.jpgIMGP0344.jpg
おっさんが船頭として同乗するのかと思いきや、
「勝手に乗ってけ。ただしあっちまで行くなよ。死ぬから。」
ってだけ説明されて海原へ放り出された。
時間制限とか何にも無いみたい。

カヌー浸水しすぎ。定期的に水かきださな沈む。繰り返すけど、お酒でフラフラです。船もフラフラです。

ナムウー川の本流から支流へ入る。冒険家みたいで楽しい。

IMGP0346.jpgIMGP0347.jpgIMGP0348.jpg
3時間ぐらいカヌー乗り回す。途中、三角州で休憩したりした。
最後に流れの速いところに捕まって1時間ぐらい抜けれずに、このまま無限ループかと思ったが、なんとか抜けれた。

疲れたから返る。ニープンに600円お金渡してカヌー終了。ロシヤがもう600円あげてた。気前が良い。

IMGP0353.jpg部屋が隙間だらけで気密性が無なので蚊取り線香をセットアップして就寝。

IMGP0363.jpg蚊帳の中やし、水かけられまくって服ないし、ベッド狭いし、男2人で寝てる様はまさに地獄絵図やった。
posted by きく at 19:24| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

4/9 ルアンバパーンの近くの村

5:15起きして有名なルアンバパーンの托鉢を見る。
IMGP0224.jpg
暗くて殆ど分からんけど、おじいさんの僧侶が出てきた。
宿の前のワット・ビンスンナラートから。 

なんやかんやしてる間に、他の托鉢を与える側の人もチラホラ出てきて、小坊主が飯をせびりにやってきた。
こんな感じで、もち米を卵ぐらいの大きさずつあげる。
俺らは横に座って見てただけ。

IMGP0237.jpg
そこへ1台ヒュンダイのバンが到着。

IMGP0236.jpg中から出てきた白人観光客。仏教への配慮が全く無いのか、思いっきり大胆に写真を撮りまくる。小坊主の隊列が乱れようがお構いなし。
俺も写真撮ったけど、ちゃんと坊さんより低い位置でしかも座位やで。まだマシ。
そして僅か3分後、白人達は大満足で帰っていった。

小坊主はきっとこう思ってた。
「ファッキン・ジャップ!ファッキン・ホワイト!」

毎日やってるんやし当然やろうけど、あんまり神聖な感じは無く、小坊主も「早よよこせ」オーラ出まくってるし、米あげる人も毎日やってるから惰性でやってるっぽかった。功徳とか関係なさげ。


2度寝して9時起床。

同じ宿に連泊するからちょっと値段まけてって言うたら、「ちょっとまってボスに聞く」って言われて結局無理やった。同じレートで連泊。
IMGP0240.jpg
小学校に侵入して、鉄棒が竹製やから竹棒やなって思いました。

IMGP0242.jpgIMGP0241.jpg
小学校の前の変な屋台でソーメンを注文。
すると雑草が出てきた。
IMGP0244.jpg雑草かじってたら、臓物がたっぷり注ぎ込まれたソーメンが出てくる。
俺は結構うまいと思ったけど、ロシヤはくらってたわ。
朝一からレバーとかテッチャンとか食いまくる感じ。8000K(100円)

その辺周る為にレンタバイクを借りる。
$20(2000円)HONDAのスーパーカブやった。見た目ちょっとちゃうけど中身一緒。
免許とか一切何も言われず。道路交通法とかどないなっとるんや?

IMGP0255.jpgIMGP0247.jpgIMGP0251.jpg
IMGP0252.jpgバイクで山寺(プーシー)へ行く。下の売店でスズメと花を購入。2.5万K(300円)。トゥクトゥクとかウザイから2万Kとか言われたら腹立つけど、こういうのはおもろいから気持ちよくお金払える。

売店のねーちゃんが言うには、
「スズメを山の上で逃がせば、徳をつめるよ」
やってさ。
逃がす為に捕まえて、それ買って逃がしたら徳つめるんかな?なんか違う気がする。おもろいけど。

景色良かった。ルアンバパーンは、メコン川とナムカーン川に挟まれててなんか…熱帯な感じ。

見よう見まねでお供えして、
んで鳥逃がして徳を積む。

これで、神様に賄賂を贈り、天国へのパスポートをGETした。

IMGP0259.jpg
多分ラオス内戦の時に山の上に据えられた高射砲の残骸。まだ動くねん。遊んだ。

IMGP0262.jpg
3000K(36円)のうまい肉まん食ったりしつつ、ルアンプラバーン国立博物館に入ろうとしたら、砂遊びしてた子供に「アカンアカン」って言われる。
何で?って聞いたら、昼の1時に開くねんてさ。


その辺のみやげ物屋で物見てたら、子供が楽しそうに暴れだした。ロシヤをつねったり、どついたり、地面に転がったり。
300円分ぐらいお土産買って、向かいの寺に入る。
IMGP0267.jpgIMGP0269.jpg
金ぴか。でも近くで見ると実はしょぼい。あんま見る価値ない。

小坊主がなんかしてた。


電ノコで木切ってた。
ミスってコード切らんように、首にコード回してる辺りなんかプロの仕事やと思った。

IMGP0273.jpgIMGP0275.jpg
バイクで移動。2ケツな。

IMGP0277.jpgIMGP0279.jpg紙すきと機織りの村、バーンサーンコーン&バーンシェンレックに着いた。バイクで40分ぐらいかな?道が未舗装やから結構ゆっくりやけど。
ラオス人みんな親切で、道聞いたらみんなちゃんと教えてくれる。

手漉き紙のノートとか、布とかを適当に購入。1時間ぐらいおったかな。かなりクオリティ高いねん。
1個2.5万K(300円)とかやし、何個か買ったら端数はおまけしてくれたりする。かなり良い。

道端におった人らから実を薦められて食う。すっぱい。
お父さんは彫刻家やけど、「店の彫刻はおっさんが作ったん?」って聞いたら
「んなわけはない。俺の親はもっと下手っぴ」
って笑ってた。
ラオス語レベルはこの時がピーク。

IMGP0281.jpgIMGP0282.jpgIMGP0283.jpg
次に酒造りの村、バーンサーンハイ行った。結構遠かった。ルアンバパーンからバイクで1時間ぐらいかな。
ナムカーン川沿い。ラオスワインを試飲。甘くてフルーティーで意外とおいしかった。3万Kで購入。

IMGP0287.jpg
小さい村の割りにはちゃんとお寺があって、
"迷えるネギを持ったおっさんに、右へ行けって教える聖人の像"
があった。


原チャ返却時間に余裕見て、ルアンバパーンへ返る。

IMGP0288.jpg途中、ソンクランの水掛けの被害にあってずぶ濡れになった。

バイク返却。

ATMで8000円ぐらい金キャッシング。

IMGP0291.jpgIMGP0293.jpg濡れまくった服を着替えて、ちょっとしたオヤツを食べつつ、遊ぶ。

IMGP0295.jpgIMGP0300.jpg
その後、夜市ができてきた。
夜市で素晴らしいTシャツを発見して、ノータイムで購入。2万K(240円)。
ソビエトTシャツ。

その辺の人に
「なんでソビエトなん?」って聞いたら、
「それはベトナムを表してる。共産主義万歳って意味やで」
「ベトナムの国旗って★やん?これソビエトやんか」
「いやそれは鎌とハンマーで社会主義のマーク。ベトナムでも南ベトナムは抜きで、北ベトナムを現してる」
って教えてくれた。

ソビエト連邦ではなかった。

IMGP0296.jpg
もち米蒸してた。多分次の日の托鉢用。
IMGP0298.jpg晩ご飯適当に注文したら、キュウリとパイナップルと魚の炒め物やった。まずくはないけどうまくもない。3万K(360円)。高い。羽アリおりすぎ。
ラオスコーヒー8千K。甘すぎ。練乳を入れるな。

次の日ノーンキヤウ行きにしてバスチケット購入。10万K(1200円)。
最初12万5千Kって言うてきたけどちょっと値切った。
posted by きく at 19:37| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

4/8 ラオスのルアンパバーン あとUKの事

7時ごろ起床。ルアンパバーン行きのバスチケットを105000Kで購入。一瞬高すぎって思うけど、1200円ぐらい。7時間ぐらいかかるけどな。
IMGP0202.jpgとりあえず朝飯。8000キープ(100円)おかゆはとてもうまい。日本のおかゆよりももうちょい塩味みたいな感じ?うまく言えんがうまい。

昼飯用のサンドイッチを1万K(120円)で購入。

バスは10時発って言うてたのに、当然の様に10:20発で、
IMGP0204.jpgIMGP0205.jpg途中でグリーンマンゴーかじったりしつつ…


バスはとてもノロい。多分ノロウイルスに感染している。


6.5時間後ルアンパバーン到着。我々は疲弊しきった。

IMGP0214.jpgバス停から10000K(120円)でトゥクトゥク乗って宿へ。
宿かなり綺麗やったけどそれなりに値段は高かった。世界遺産の街やし物価高いの分かってたけどな。ツインで20万K(2400円)。1人1200円やな。
まあ綺麗やし機密性も高いから虫もおらんし、別に文句はない。
宿のにーちゃん日本語結構喋れた。ルアンパバーン大学の学生やってさ。経済学を専攻しているらしい。
「日本人はエコノミック・アニマルだ」
って言うたら流された。悲しい。


IMGP0215.jpgIMGP0216.jpg
とりあえず適当に散歩。
IMGP0218.jpgIMGP0217.jpg宿のロケーションあんま気にしてなかったが、ワット・ビンスンナラート(スイカ寺)っていうそれなりに有名な寺のまん前の宿やった事に気付いた。
女の子が道路に水を撒いて遊んでいたので俺も一緒に水を撒いた。少しかけられた。ソンクラーンっていうタイとかラオスあたりの正月が、この日から3日後ぐらいで、先行して遊んでるらしかった。
ソンクランについては後日嫌っていうぐらい喰らわされる。

懲りずにまたマッサージ行く。赤十字マッサージ。1時間40000K(480円)ここはバンビエンのくそ伝統マッサージと違って良かった。さすが赤十字が経営してるだけはある。

んでからルアンパバーンの後どこ行くか決めてなかったから、ネットカフェで40分ぐらいネットした。ラオス情報を探る。
大した情報もなく、6000K(72円)の浪費となった。ネット遅すぎるねん。どこが HiSpeed internet やねん。そもそもhigh-speedのスペルを間違えているところが胡散臭いねん。

IMGP0221.jpgIMGP0222.jpgネットは収穫が無さすぎたから、しょんぼりしながら飯屋入る事に。
ええ感じのねーちゃんが親切に色々教えてくれたけど、料理が来た後で「春巻き」って伝える為に15分ぐらい使ってた事に気付いた。
「この料理何?」
「Fried Spring-rolls」
って問答を延々15分。
まさか 春巻き=Spring-rolls やとは思わんかってんって。

ラオス語をだいぶマスター。
コープチャイ(ありがとう)。サバイディー(おはよう〜こんばんは・さよなら)。コートー(ちょっとすんません)。カオ・ニャオ(もち米)。カオ・ジャーオ(うるち米)。


そんな感じで夜も更けたので、10:30頃就寝。

なんしかバスが疲れた1日やった。

山道のくせにトンネルないし、橋もないねん。全部山道。奈良っぽい。
奈良−スカイラン=ラオス。
奈良がどんなけくそか分かってきたやろ?
龍神スカイラインとかほんま凄いお金を注ぎ込んだんやろうなって思った。


ちなみにラオスには戸籍というものが存在しない。

戸籍が無いから誰と誰が結婚したとか、子供が何人おるとか、その人が何歳かってのを全く把握する気がない。

年齢が無いから小学校の入学基準は年齢じゃなくて、右手で頭の後ろから左耳を掴む。左手で同様に右耳を掴む。
ってのができたら6歳程度とみなされて入学OKらしい。

戸籍ないって国は何の仕事してんやろな。
-----------------------------------------------------------------------------------
UKの事を少し書く。
あ、一応俺の中の定義で、UK=United Kingdom=英国≒イギリス>イングランドで微妙に使い分けてるねん。ま、何でもええけど。

学校行っている。
オーラルのクラスと、普通のクラス。最初ほりこまれたオーラルのクラスがレベル高洲クリニックで全くついていけず。
今日1個下のクラスにしてもらったら、めちゃ楽しかった。

ラルク・アン・シエルのDriver's High好きの韓国人ジョンと、タクシン(タイ前首相)大嫌いのタイ人のアンと仲良くなったわ。
ジョンの話題は、
「残念ながら俺は音楽に興味がない。」
って言うて一蹴したけど。

あと、学校側の手違いでステイ先の住所が分からず1日ホテルに泊まってん。ホテル代は学校もちなので、まあなんでもええねんけど。

「日本人は嫌な事を嫌と言えないので海外で損する」
って良く言うやろ?せやから俺別に嫌じゃなかったけど、怒ってるフリして頑張ってクレーム言うたんよ。
でもなんか逆に嫌な気分になった。自ら。

無理してクレーム言うのがええ訳でもないなと思いました。
むずい…
posted by きく at 06:46| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

4/6〜7 タイ入国・越境しラオスへ

4/6 タイ入国。バンコクで適当に過ごす。
15:40発の関空リムジンバス乗る予定やったが、色々不手際があって15:32に家を出た。遅れると思ったが、花代で花見しながら馬鹿騒ぎをする人を避けつつダッシュしてギリギリ間に合った。

飛行機内では 007-慰めの報酬- ベンジャミン・バトン-数奇な人生- の2本映画見たが両方残念ながらおもしろくなかった。
ベンジャミンは、ただの、アホなアメリカ人女性と、人生が逆周りになったアホなアメリカ人男性のアホな恋愛のお話だった。
IMGP0166.jpg
んで…4/5の23時55分にバンコク着。

Baggege climてカバンの流れるベルトあるやろ?あれバンコク空港が手書きで「あっち→」って書いてて、そっちいったら何もなくて、また戻って書いてる方じゃない方行ったらあった。
なんで騙すんか分からん。

寝て起きて、せっかくやし観光でワット・プラケオに行ったが…

IMGP0167.jpgIMGP0170.jpg悲しいぐらいに土砂降りになったので入場せずにしょんぼりして帰宅。

ラオス国境行きの夜行列車のチケットを購入。
バンコク/フアランポーン駅〜ノーンカイ駅
エアコンなし、上段寝台、で1人片道488バーツ(1500円)。12時間。結構安い。
チケは往復購入。

外出して電車とかタクシーとかいっぱいお金使ったのに、やった事は変なお土産やで雨宿りしただけ。

しかも帰りのタクシーが雨なんをええ事にボリにかかる。行き100B(300円)やったのに、帰りは300B(900円)って言われた。雨の中3台タクと交渉して150B(450円)で駅まで行った。

タクシーとかトゥクトゥクの運転手は全世界共通で民度が低い。人のええ国でもタクの奴はぼってくる。ぼってくる上にマッサージを無駄にオススメしてくる。いらん。
日本の運ちゃんええ人多いのに。

IMGP0171.jpgIMGP0172.jpg昼ごはんにあんまりおいしくないラーメン50B(150円)を食ってから、

何故かカバンの中でバンドが砕け散ってた時計を修復する為に、変な屋台で「靴紐くれ」って言うて貰って腕時計を作った。

IMGP0173.jpgIMGP0174.jpgなんか適当にダラダラしつつ、20時初の夜行列車でノンカイを目指した。

エアコンないけど寒いぐらい。

旅行関係ない事やけど、この時点でフライと天ぷらって同じ物やと思ってた。
エビフライとエビ天って別物って知ってた?俺知らんかってん。

4/7 タイ北端のノンカイへ。越境しラオス入国。
IMGP0176.jpg朝起きたらまだ電車走ってた。
車窓はなんもない感じ。

IMGP0178.jpgIMGP0177.jpgノンカイ駅から20分ぐらいで国境につけるらしいから、物見遊山がてら歩く事にした。
トゥクトゥクのオッサンは頭悪いから嫌い。
適当に国境の友好橋(Thai - Lao Friendship Bridge)方面に歩いてたら、
素敵な川床の飯屋があったから朝ごはん。チャーハンっぽいもの。30B(90円)
IMGP0180.jpgIMGP0181.jpgトヨタのハイエースを駆るおばちゃんに「国境検問所どこ?」って聞いたら(タイ語やから多分やけど)「今から行くから乗ればいいさ」みたいなん言われて、車乗せてもらった。

出国手続きは、おばちゃんが全てやってくれた。なんか手数料も全部払ってくれた。何がなんだか分からない。ありがとう。

んで橋渡って越境。

入国手続きは自分でやらなあかんらしく、しかも外国人やからタイ人のおばちゃんとは違うイミグレーションっぽいので、一端車から降ろされてあっち行けって言われる。おばちゃん英語できへんし、日本語も「おにいさん」しか言わんから何にも分からんねん。
よく分からんまま適当に行ったらいけた。
越境したとこで待ち合わせしてたはずやのに、おばちゃんおらず。
もたもたしてたから放置されたっぽい。

IMGP0182.jpgしゃーないから、ATMで1万円分ぐらいキャッシングした。アメリカン・エキスプレス。
んなら700000Kip(キープ)とかいう頭の悪い数字になって返ってきた。後からちゃんとレートみたら10000Kで120円。70万Kがだいたい8500円。手数料あるけどな。
ロシヤも2万円両替して1620000Kゲットしてた。

んでさっそくトゥクトゥクの客引き。うざすぎる。
1人のおっさんが「5000Kでいいよ」とか言うてきて、それでええと思ってついてったら「5万キープじゃ」とか言うので「とてもおもしろいジョークだね」って吐き捨ててまた戻ってきた。

トゥクトゥク運ちゃんってなんでこんな最悪なんやろ?

結局1万K(120円)でラオスの首都ビエンチャンまで。

んで得意の首都素通り作戦で、
IMGP0183.jpgIMGP0185.jpgビエンチャン観光は全くせずにバスに乗り込み、120km先のバンビエンを目指す。
途中に揚げパンっぽいのを購入。5000K(60円)。


IMGP0187.jpgIMGP0188.jpg4時間半後にバンビエン着。バス代3万K(360円)。バスのろすぎ。山道は時速4kmぐらい。
地球の歩き方に「ラオスのバスは次々と豪華な車種を投入しています」って書いてたけど嘘やった。古すぎ。

橋は毎年雨季になると流されて消滅するねんて。

宿はツインで8万Kやから1人4万K(480円)の宿。意外と綺麗。エアコンもあったしシャワーもお湯出るし。

荷物放置してうろうろ。バンビエンは結構のんびりしてて小さい街でよかった。白人いまくる。街中は電飾多いけど、5分も歩けば割と静か。
IMGP0193.jpgラオス伝統のマッサージ(Lao Traditional)が1時間3万K(360円)やった。
適当すぎ。マッサージ師のにーちゃんねーちゃんは、横でやってるオバハンの博打に夢中で、もの凄い片手間マッサージ。
全然気持ちよくなかった。

IMGP0197.jpg晩ご飯に店屋のカワイイねーちゃん(推定22歳。ipodでアメリカン・ヒップホップ聞きすぎ)に「この店のオススメは何?」って聞いたら「sweet rice and sweet fruit with condencemilk」ってさ。直訳したら「甘い米と甘いフルーツの練乳かけ」やん。グロい。
でも注文。そしてこれがうまい。相当うまかった。2.5万K(300円)

ラオス語で話すと仲良くなれる事を発見。
本見せたったら、テンション上がりまくってた。「1986年タイ国境紛争」が好きっぽかった。あと「E-mail」のラオス語「イーメーウ」も喜んで連呼してた。

IMGP0198.jpgIMGP0199.jpg宿帰ったら屋根にヤモリが6匹ぐらいいた。
持参の蚊取り線香をセッティングして就寝。
posted by きく at 09:45| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

奈良十津川村旅行 -DVブログと内容ほぼ一緒-

奈良へ旅行た。水曜。
ほんまは達郎も一緒に週末の予定やったけど、達郎週末出勤すぎやし、俺も基本日曜無理やし、紅葉の季節はずすといずみ楽器HP秋var.用写真が撮れないので、達郎には悪いと思ったがベトって行く事にした。

10時半に薮っこ迎えに行って、11時半出発。橋本周りで奈良県五條市へ。1時間ぐらいでついた。
大体予定通り。お昼にコンビニで適当に食って出発。
普通に行けばあと1時間ぐらいで着くはずやった。

gakekuzure.jpg
これが無ければな。

「国道168号線がけ崩れの為通行止め 迂回路無し」 の看板。
迂回路無しって何やねん。そもそも崩れたのが10月17日未明?1ヶ月も迂回路無しやったら村人餓死するやん。絶対ある。
って勝手に決め付けて突撃した。

果たして迂回路はあったが、なんと2時間に10分しか開いてない。ひどすぎる。ビジネスアワーの稼働率が実に8%。極端に稼働率が低いと不評の日立製の沸騰水型原発ですら稼働率は45%を超える。

さらにひどい事に、マイカーのラクティスのエンプティーランプが点滅していた。
通行止めの番してるおっさんに相談したが、「もう駄目だぁ」「なんでガソリン入れてこなかったんだ」「ドライバー失格」「どうしょうもない」と言葉の暴力を浴びせられただけで、なんの解決策も提示されなかった。
結局、ままよ!って感じで峠を1つ越えた先の野迫川村役場を目指す。世界の巨人TOYOTAが誇る低燃費車は、なんとか峠を越えてくれた。トヨタありがとう。

2時間に10分しか稼動してない迂回路は諦め、竜神周りで行く事にした。

narakuso.jpgここからがまた地獄やった。

五條から南下してるとこまでは順調やってん。
訳分からん道通って、西を南北に貫いてる、竜神スカイラインに出る。
和歌山県。そっからまた訳分からん道を通って、十津川方面へ。
奈良県。道くそすぎた。
大阪→和歌山→奈良→和歌山→奈良。三都物語。
DSCF1951.jpg
2時間後谷瀬の吊り橋着。

DSCF1952.jpgDSCF1965.jpgDSCF1966.jpg
DSCF1975.jpgDSCF1977.jpgこんな感じで訳の分からない写真をとりつつ、谷瀬の吊り橋と、もう一個名も無き透けてる吊り橋を堪能した。40分ぐらい。


んで帰路。俺は割と平気やったが、DVと薮姫さまの、あの道路は通りたくない。という意見を尊重して、少し遠回りして国道425号で帰る事と相成った。

ウォルストリートの格付け機関S&Pの見立てでは、R425は Aaa- でうまくいけば8時頃大阪。だった。

即、下方修正。格付けが Baa+ に。

「国道425号線 夜間通行止め」 の嫌な文字。再び下方修正 Bbb-。

1時間後、通行止め に行き当たった。下方修正 Ccc-。

しかし引き返す事は(精神的に)不可能だった。
俺自身の状態は割と普通やったが、薮姫さまの機嫌を損ねまいと頑張った精神的疲労でやばかった。

故に突破。

ガードレールをどけた。

「公衆便所 14km先」 「公衆電話 62km先」 「あ!転落注意 死亡」 などの絶望しか与えてくれない看板をたまに見つつ、狸とカモシカとラクティスでカーチェイスした。
竜神スカイランへ抜けてからは天国やった。
高野山、橋本とまた三都物語気味に帰宅した時には23時半でした。

日本道路公団ガンバレ。もっと税金使ってええから、R425を片側一車線にしてくれ。単線はやめれ。R168の石をさっさとどけろ。
十津川村にもクロネコヤマトが存在したが、あれではあまりにもかわいそうだ。

全行程12時間中10時間は運転してたと思う。

今日改めて調べてると不吉な記事が大量に出てきた。
rute425.jpg
国道425号線は絶対に通らないでください!
って…

ooto_hidosugiru.jpg大塔小中学校はR168が落石ったせいでボート通学らしい。
6人乗りボートで3往復って、全校生徒18人以下かよ…

kusosugiru.jpgR168は今年の3月に3年7ヶ月ぶりに復旧したとこやったみたい。
んで今年の10月にまた通行止め。なにこれ?

そもそものミスはどこやったんや。崖が落ちてるのに気付けなかったとこか?ガソリン入れ忘れた事か?吊り橋効果であわよくば薮っこが俺に惚れればええとかスケベ心を出して谷瀬の吊り橋を目指した事か?

いくら自問した所で答えは出なかった。


3つ学んだ事がある。
道路もう不要とか言う政治家は十津川行けば2秒で道路族になる。
森の中では5時半にもなれば完全なる闇に支配される。月明かりがあれば輪郭線は見えるが、森の中では月光は届かない。カーブ時ヘッドライトは前しか照らさないので左の崖がどこにあるのか見えない。めいっぱい右の岩肌に詰めて、みなしでハンドル操作をしなければならない。
戦争なったら疎開すれば絶対安全。俺が人民解放軍なら、奈良県には手を出さない。


まあ、なんだかんだで楽しかった。
ソロで行ってたら終わってたろうと思う。持つべきものは友達やな。
posted by きく at 21:19| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

スペイン総括“2分で分かるスペイン”

歴史を勉強すると、スペインはくそ国だと分かる。
カトリック両王こと、イサベル女王とフェルナンド王の治世前後、わずか100年足らずを除いて、スペインに価値は皆無である。

第一次大戦、第二次大戦下においても、スペインは片田舎で蚊帳の外。今のスペイン国王、フアン・カルロス1世はブルボン家(つまりフランス系)。
フランスの植民地…とまでは言わないが、日本の天皇が中国華僑とかやったら嫌やろ?そういう事や。

文化レベルは英・仏に遠く及ばない。世界遺産レベルはエジプトに遠く及ばない。けどおもしろくない事も無い。そんな感じ。
94-kazewoukeru.jpg60-arukasaru.jpg40-ro-masuidoubashi.jpg
ラ・マンチャ風車。田舎は結構楽しかった。
セゴビアのお城はロマンチックな感じで良かった。セゴビアならもう1日滞在してゆっくりしたい。
ローマ水道橋。スペインって言うよりローマの偉大さを噛み締める世界遺産。

ローマ帝国は無敵。



追伸

103-suzukisift.jpgスズキSIFT。
スペインでおった。ルノーとシトロエンが圧倒的に多いねんけど、VWとかBMWもまあまあある。日本車もたまにある。
でもヴィッツ、SIFT、マーチばっかり。見てると悲しくなる。

俺は日本のVWオーナーに告げたい。カスであると。外車乗りたいけど、走る車はいらん。高級車には手がでない。

そんな中途半端な見栄と、思いっきりのなさ、俗物だと宣伝しているに等しい。GOLFとかPOLOとか勘弁してくれ。
日本でGOLF乗ってる≒スペインでヴィッツ乗ってる。ってあたりをよく考えて欲しい。そして誇り高く生きてください。


次はどこ行こっかな。
やっぱヨルダンかミャンマーか。渋くラオスとか。ツバルはよ行かな沈むし。モンゴルもおもろそう。カムチャツカとか。
一気に方向転換して南国リゾートもええかな?フィジーorバリあたり。
なんやらスタンのシルクロードの名残も興味ある。
バルト三国もええよな。
南米とブラックアフリカも行きた過ぎる。
posted by きく at 22:56| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

ラスト・スペ

帰宅の日。
107-tikatetutike.jpg余った切符10回券の残り3回分がもったいないので、ベッドメイクのロザンナにプレゼントした。
スペイン語の手紙は、
「Tres billete」=「3 切符」て書くのが精一杯やった。通じてるかは分からん。朝9時15分にチェックアウトしたからな。カバンをフロントに預ける。
108-umaunkosisugi.jpgなんかパレードやってた。馬うんこしすぎ。

111-thisenborunemissa bijyutukan.jpgティッセン・ボルネミッサ美術館(Museo de Thyssen Bornemisza)に行く。昔のボルネミッサ男爵の個人資産を、死後スペインが没収しまくって美術館にしたんやって。

入場料6ユーロ(900円)やけど、立命の学生証みせたら4ユーロ(600円)になった。

ピカソ、ミロ、ダリ、ゴッホ、モネ、ルノアールあたりが有名。
まあスペイン貴族のセンスなんか高々知れてるけどな。

112-toire.jpg
また写真撮影禁止やから、トイレの壁の写真だけ撮っといた。


img1028193150.jpgまずサルバドール・ダリ。垂れた時計とかの絵が有名。
この絵のタイトル「目覚めの直前、柘榴のまわりを一匹の蜜蜂が飛んで生じた夢」
頭悪い。早く戦火で消失すればええのに。
絵は綺麗ねんけどな。でも芸術としてこれはどうなん?全く美しいと思いませんでした。


Blue_II_by_Joan_Miro_793_big.jpgホアン・ミロ。コイツほんまに勘弁して欲しい。タイトル「青色2号」。
着色料の絵か。
ミロの絵は可及的速やかに肥溜めに沈むべきだと思った。
注記しておくが、ミロに関しては初期の静止画や人物画は結構好きやで。でもフォービズムとかいって腐った。
ポコチンマンに改名しろ。



ゴッホを一番楽しみにしてたのに、ゴッホの絵は全てニューヨークの現代アート美術館みたいなとこに2010年まで貸し出してるって書いてた。
悲しい。
金返せ!って感情を通り越して、金くれ!って思ったわ。

monet_japonaise01.jpgクロード・モネ。こいつだけ良かった。ボルネ男爵はセンス悪いけど、モネの作品だけは良かった。
「ラ・ジャポネーズ」
これは見てないけどな。有名やろ?



museo_thyssen_f_CTB_1996_7.jpgこれ。これは良かった。タイトル分からんけど。
印象派もピンキリやと思った。ゴッホは見れんかったが。



ティッセン・ボルネッミッサのええとこは、3階、2階、1階って順に、
中世 → ルネサンス → 黒い絵(ゴヤ) → 印象派(ゴッホ、モネ) → フォービズム(ピカソ) → キュビズム(ピカソ、ミロ) → 実験的近代芸術(カス共)
みたいな感じで歴史どおりに並んでるねん。人類の芸術がルネサンスをピークに衰退していく様がありありと分かる。

黒い絵シリーズ、初期印象派、初期キュビズム等々、一時代を切り開いた巨匠の作品はどれも素晴らしい。
つまり、ゴヤ、モネ、ピカソ(初期)。後は全部紙クズ。真似すんな。ほんま頭悪いわ。
でも近代芸術も今は明らかに間違った方向へ進んでしまい「奇抜な事をする会」へと成り下がった。

時代順に並んでるからティッセン行ったらそれがはっきりと分かる。
ほんまに悲しい事やと思う。

そしてその芸術の成れの果てがソフィア王妃芸術センター4階の生ゴミ絵画か…。

多分な、地球温暖化はCO2のせいではない。神が、人類の進む方向ミスってる事に対して怒っておられる為だと思います。

113-sensya.jpg114-ahonahitobito.jpg


2-kuukoudeneruossann.jpg
昼飯に空港でサンドイッチ。


アムスでデブ女がイキイキしてて非常にむかついた。

羽田で、東京弁兄ちゃんが、携帯で「昨日バイトの先輩がさー」みたいな話を大声でしまくってて、日本に帰ってきた事を実感すると同時にバカナエ病にかかった。

そば250円食って伊丹。

東京に比べると大阪の町並みはダサすぎた。大阪くそ。

スペインくそ。
posted by きく at 23:33| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

イスパニア5日目 ラ・マンチャひみ

5時起き。7時飯。
82-nihonentippu.jpg83-cyokoame.jpg昨日手紙くれたベッドメイキングのロザンナにまたコンタクトを試みる。
1021円(日本円)とチョコ飴と1ユーロ。1000円はともかく、21円はどうすんねやろ?
夜を楽しみにする。

84-amefurisugi.jpg85-cyaku,ame.jpgアトーチャ駅からアルカサル・デ・サン・フアンとかいう長い名前の田舎まで行く。
ラ・マンチャ地方ではサフランの収穫祭があって。すごいお祭りやねん。カンポ・デ・クリプターナ(Campo de Criptana)目指す。

9.6ユーロ(1500円)。9時発で10時半着。

86-eki.jpg87-takusi-ossan.jpg駅前にタクシーおったから乗せてもらう。
英語できなさすぎ。ONEとかTWOすら分からん。Morino⇔Arcazar 12。みたいな感じで絵と図を駆使して筆談。Morinoてのが風車て意味らしい。
4時に迎えに来てもらう感じで話ついた。片道12ユーロ(1800円)。

88-kanpodekuriputa-na.jpgせっかくついたのに、ロシヤがうんこもれる寸前とか言うから、しかたなく逆走してトイレ探し。ついでにロシヤがノーマニーやから銀行も探す。俺はカードあるからいけるんやけどな。
どうせひみやけどな。
教会とか服屋とか銀行でトイレ断られまくって、結局ホテルに潜入してうんこしてた。

小一時間かけてトイレを済ませた後、ようやく風車目指す。
89-fu-sya.jpg90-meganesuiteki.jpg
着。
と同時に降雨。
くそ。

ところでさ、なんで降雨確率じゃなくて降水確率なん?水が降るとか言う人おらんで。って教えてあげや。気象庁くそやな。

雨がチンダル現象やったから、風車の中に入る。beet the door。て書いてる風車の扉を連打したら、おじいちゃん出てきた。
92honnoossann.jpgチケいるらしく、90円払って入る。別にどうって事もない風車小屋やったけど、おじいちゃん日本好きっぽかった。
その後、おじいちゃんが地球の歩き方に写真で載ってる事を発見したら、おじいちゃんテンションあがりまくって、手がぷるぷるしてた。

やる事めになる。雨やんだから散歩。この時点で12時前。タクのおっさん4時までこんからな。
ここらへんで、カンポ・デ・クリプターナではサフラン祭りと無縁である事に気付いた。ミス。コンスエグラ(Consuegra)と間違ってた。
んでやる事めになった。
94-kazewoukeru.jpg96-himisugiru.jpg
激ひみ。 


97-kare-noyatu.jpg昼飯にタベルナ(大衆食堂)に入る。んでプレートとドリンク頼んだ。
こいつらも英語全くできへんねん。
味は普通。5ユーロ(750円)。

16:00までほんまにやる事め。
98-fusya.jpg99-sippaisyoutengai.jpg一大観光地にしたかったけどミスった。って感じやった。バブル崩壊と石垣島とのリゾート開発競争に敗れた宮古島に似ていると思った。
商店街っぽいのを作りたかったんやろうなって雰囲気のただの道。

101-himi.jpgタイマーで写真撮ってたら、風が強すぎて…
100-koware.jpgキャメラが落下した。んで壊れた。
悲しい。
レンズを手で引っ張り出さないと写真撮れなくなった。手動。


102-nikunokatamari.jpg
肉の塊。

105-donki.jpgドンキホーテ。


106-rosanna.jpg
ホテル戻ったら、ロザンナからまた手紙があった。
ついでにおかしと水も置いてくれてた。
posted by きく at 23:18| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

スペ4日目 人類は今間違っている

ちょっとゆっくりめに8時起床。8時半飯。今日は遠出はやめて美術館巡りにした。スペイン如き無学な国に素晴らしい美術があるとは到底思えないが、大御所はやっぱりパブロ・ピカソ。後は全部小物やな。
エル・グレコはスペインに住んでたけどギリシャ人やし。

先言うとくけど美術館内写真撮影禁止やからほとんど写真ないで。

72-amefurisugi.jpg美術館の近くに駅無いからテク。多分まっすぐいけば15分ぐらいの距離。
ちょっと迷って30分後着。
フォルクスワーゲンの方位磁石が大活躍した。やっぱり航海に羅針盤が必須やな。発明した中国人えろい。

73-kyoukai.jpgついた。JTBのバスがおった。
74-uraguti.jpgチケ購入して、4つある入り口のうち一番小さい裏口から入る。別に他意はない。偶然一番マイナーな入り口から入ってもうただけ。

75-tousatu.jpg絵画の写真はアカンの知ってたけど、別に通路とかはいいと思ったから写真とったら学芸員にこっぴどく怒られた。
烈火のごとく怒られたから、必殺「言葉全く分からない振り」をしてやり過ごした。
だから写真これ1枚しかない。

んで見たのやけど、有名どころやと、ピカソ、ゴヤ、ボッティチェリ、ベラスケス、ルーベンス。

ピカソ普通。ボッティチェリくそ。ルーベンス普通。
良かったのがベラスケスとゴヤ。エル・グレコもまあ良かった。

velazquez_lasmeninas01.jpgこれ。ベラスケスのラス・メニーナス(女官たち)。
これ2番目に良かった。
5つの平面状に人物を配置し(鏡の中の写りこみ(皇女マルガリータの両親)の面も入れると6)平面ごとに光の使い方、色のぼかし方を変えて視線をマルガリータ周辺に集めてる(と思う)。あと保線を辿ればマルガリータの頬のラインにあたる(はず)。
あと本の知識では、作品左端に自分自身を登場させる事で芸術の崇高性を現してるらしい。

elgreco_pastores01.jpgエル・グレコの羊飼いの礼拝。
エル・グレコは画像よりも実際に見た方が遙かにいいと思った。
まあ宗教画やから分かりやすい。光に包まれたイエスを中心に、外側の闇を使って際立たせてる感じ。この独特の表現力がエル・グレコの世界をよく現してると思う。
あと、人間を縦に引き伸ばす独特の表現がよく見て取れる。


ゴヤ。こいつやばい。
goya_nude_maja[2]1.jpg裸のマハ。見たのは着衣のマハやけどな。まあこれはゴヤの表面。

goy1.jpgsaturn[1]1.jpgcudgels[1].jpg
んでプラドで1番良かったのが、ゴヤの「黒い絵」シリーズ。
このシリーズはゴヤの死後、部屋行ったら壁一面に描かれてたらしい。
載せたのは、1808年5月3日の銃殺、わが子を食うサトゥルヌス、棍棒で殴り合う2人の男。

5月3日。はナポレオンがスペイン人しばきまくった時の絵。左の市民の躍動感あふれる悲劇の様と、右の兵士の「無個性な多数」としての描写が見事やな。

わが子を食う…。は、子供に威光を奪われるとの妄想に取り付かれた神サトゥルヌスが自分の子供を次々を食い殺したって神話の絵。
ぶっちゃけこの神話知らんからなんとも言えんねんけど、迫力あった。情動で描いたんやろなって雰囲気伝わってきまくった。
ガイドブック的解説では、これが後の印象派とか、作者心理の表現の追求っていう芸術への切り口になったとか。

棍棒でどつきあう…。はMy favorite of Prado。プラドで1番良かった。美術館廻ってる途中4回も見にいった。
これは画像は全然駄目。実際に、しかも10mぐらいはなれて見た時、なんか電気きた。なんやろ?この絵に関して論理的に表現する術を未だに俺は持たない。
強引に表現すると「なんでお前俺の昨日見た悪夢知ってんの?」とか「それって俺誰にも言うた事ない、自分の1番認めたくない過去の過ちやん」みたいなそんな感覚。
例えば今俺が権力とかに屈しない、毅然とした人間やとするやろ?んなら大概、過去にヤンキーにカツアゲされて抗わずに従ってしまった弱い自分のコンプレックスみたいなんあるやん。反動の根底みたいな。虐待→大量殺人犯の「虐待の部分」みたいな。そのコンプレックス部分みたいなん。
別に俺はカツアゲされてないけど、例えばな。
うーん…全然分からん説明やな。

とまあゴヤを絶賛したところで、プラド全体の評価やけど、ルーブルを9とすると2と3の間ってとこかな。
質、量ともに大した事ない。まあ先進国の中では下から数えた方が早いスペインやししゃあないか。
ただ、入場料600円の価値は十分ある。日本の長居の腐れ恐竜博物館より安いからな。

なんか長くなってしまった。
76-kyarottosu-pu.jpg77-kamasu.jpg昼飯。なんかコース。10ユーロ(1500円)。
写真タイトル「カマス」やけど、多分スズキ。キャロットスープとスズキのソテー。おいしかったで。意外とあっさりで。
あと看板娘のナンシー(イメージから命名)がテンション高くて良かった。
変な日本語教えたらすぐモノにしてた。できる娘やわ。

ソフィア王妃芸術センターへ。ゲルニカあるとこな。

ついたら、ギターでかいから駅前で預けて来いって命令される。
79-utauroshiya.jpg駅前のエルビス信者のおっさんの横で適当に歌う。皆足早に通り過ぎるだけ。日本人も2組通ったけど全無視。

ロッカー3ユーロで荷物つっこんで再び、ソフィア王妃へ。
78-sofiaouhikusosenta-0.jpg
着。

この美術館はうんちすぎた。けつ。しかも6ユーロ(900円)もする。
早く戦火で消失して欲しいと思った。
80-pikasshingu.jpgトイレの前の廊下の写真の一部だけ撮った。ピカソ。撮影禁止やからこれが限界。
はっきり言うて、つの丸とあんま変わらん。

gerunika.jpgまあゲルニカは良かったよ。
でもほんまゲルニカだけやな。ゲルニカのスケール(絵のでかさとか絵のスケールって意味じゃなくて、パリ万博の歴史、下絵、制作風景、草案全てを通しての作品としての奥行きって意味のスケール)でやられて初めてまあまあって思える。
あと全部くそ。くそくそすぎて、広末涼子の真似で「とってもとっても…くそすぎる」って心の中でずっと歌ってた。
2階と4階が絵画やねんけど、4階見るのとか3分かからんかったからな。
ヒエやアワを食う小作農でもあれよりマシなもん創るわ。俺が准将やったらあそこを重点的に爆撃する事を提案する。
秋葉原よりも先に絨緞爆撃する目標を得たり。
俺スペイン人じゃなくて良かった。
もう筆舌に耐えない限りの千の言葉と万の慣用句と億の枕詞を用いて、近代実験的芸術の糞さ具合を6mmに濃縮した弾丸を、44マグナムにこめて世界一のブスを撃ち殺したい。

さっき言うたゴヤ。あれが一応こういう芸術の火蓋を切ったらしいが、
俺の感想は「あ〜…やってもうたな人類。そっち行ったか」って感じやった。
完璧にいけてない。レンガを食う中国のおじさん。と同じぐらい間違ってる。

そこで会った品のいい老夫婦も「なんじゃこれ。どう思います?ちょっと説明してくださいよ」って俺に言うぐらい糞って言うてた。
もちろん俺はそこで、独断と勘による解説を繰り広げて、老夫婦にとても感謝された。

スペイン行ったらソフィア王妃芸術センター4階(ピカソは2階な)を訪れる事をオススメする。ほんまに凄いくそっぷりやから。

81-Gracias.jpgなんやかんやでホテル帰ったら鍵開かへんかった。フロントで文句言うて、部屋はいったら、ベッドメイクのロザンナ(Rosanna)から置手紙が。
「!Gracias!」と。

邪魔な小銭いっぱいチップに置いといたのがそんなに嬉しかったのかと思った。
でもなんか嬉しかった。

お腹の調子が悪くて(野菜食べれなさすぎて便秘で)寝る事にしたら、ロシヤがソロで外に遊びに行って、50ユーロの買い物をしてた事を次の朝知った。
でもサービス悪かったらしい。

posted by きく at 02:24| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

イスパニア3日目 セゴビアのPL教

ホテルで朝飯に食ったアップルパイはくそまず。

37-bakugekiki.jpg38-segobiaeki.jpgチャマルティン(Chamartin)駅でユーロファイター タイフーンを見て感動した。
仮想敵機であるSu-27やMiG-29に対抗する為、英、仏、西ドイツ、伊、スペで共同開発に踏み切ったはいいが、Su-27に対抗するにはあまりにコストがかかるとフランスが撤退を表明。業を煮やした英国ブリティッシュ・エアロスペース社が自己資金のみで強引に開発を進めるなどの紆余曲折を経て、完成したものはスホーイやミグに性能面で遙かに劣る、上昇率は300m/sをわずかに超える程度のもの。しかしながら、レーダー反射面積をSu-27の1/4以下に抑え、更にアフターバーナー無しでの超音速巡航飛行を可能にするなど、純粋性能の劣勢を補って余りある性質を誇る。またヘッドマウントディスプレイを採用し視線連動でのロックオンが可能など、ヒューマンインターフェースはロシア機の比ではない。故に熟練パイロットを養成する必要がなく、人事面ではロシアのそれに比べて格段に低コストを実現していると言える。そもそもステルス技術と航行性能は相容れない技術であり、航空力学的には「絶対に飛ばない」とさえ言える構造でも航行が可能なのは、かのフライバイワイヤシステムによるものであり、単純な性能比較よりも、操作の安易さに傾注すべきだ。
Wikiとか見たらロシア機の高性能っぷりと比較し、欧米機の戦闘能力の低さを揶揄しているが、性能≠戦力であり、USAのお家芸の大量生産、欧州お得意の操作性を加味すべきだ。と個人的には結構評価してる、あのユーロファイター。
まあ写真はただの輸送機っぽいけど。

電車賃9ユーロ。駅から10kmぐらいバス。0.82ユーロ(120円)。セゴビア着。

39-sagawakyuubin.jpg40-ro-masuidoubashi.jpgローマ水道橋。これ紀元前1世紀に造られて、1884年まで実際に使ってたんやって。ローマえろすぎる。今でもこの上を水道管が通ってるから一応使ってるらしい。
41-segobioanaibu.jpg
適当に街に入る。良い。
42-katedoraru.jpg43-katenonaka.jpg44-orugannhikuhito.jpg
カテドラる。16世紀半ばに着工して1770年ぐらい完成。
230年も造り続けた。キリスト教徒凄いな。乳母が抱っこしててミスって落として死んだ、エンリケ2世の子供の墓とか見た。

中でオルガンの練習してる神父さん(?)がおった。電子メトロノーム使ってた。下手やった。言うても鍵盤2段あって足の鍵盤も駆使してたから、かなりむずいんやと思う。

45-arukasarutuita.jpgアルカサる。良い。タイマーで写真撮ってたら、イギリス女性が撮ってくれた。1200年ぐらいから造り始めて18世紀ぐらいまで使われてた。
47-gunjinimakuri.jpg48-hori.jpg修学旅行中の軍人がいまくった。 
49-osimekaeruhito.jpgあと、オシメ換えられてる幼子もおった。
46-arukasarukarasoto.jpg遠くにラ・ベラ・クルス教会が見える。13世紀テンプル騎士団が建立した結構有名な教会。十二角形の構造が珍しい。場所がかなりハミっている。

51-samayouyoroi.jpg52-e.jpg中入る。入場4ユーロ(600円)やったかな。「I am a student」て言うて立命の学生証出したのに「ノーインターナショナル」って言われて学割拒否られ。
53-gyokuza.jpg54-yoroi.jpg軍人邪魔。玉座見えん。フェリペ2世が挙式した場所。
鎧良い。封建良い。

55-yokomiti.jpg56-yokooriru.jpg
ちょっとひみやったから変な道下ってみた。多分裏手に出れる予感がした。

57-hamittakyoukai.jpg適当に散歩してると、ラ・ベラ・クルス教会発見。十二角形。まあ誰もおらんくて閉まっててんけどな。中のテンプル騎士団の石の机見たかった。
60-arukasaru.jpgだいぶ下った。アルカサル見上げる感じ。逆光写真やけど。
ウォルト・ディズニーがこれ見てテンション上がりまくって白雪姫製作。
61-fumeikyoukai.jpg62-rouroukaigo.jpgよく分からん聖堂みたいなんあったから、入ろうとしたら、年老いた母子に「閉まっている」って言われてつまみ出される。
老母子はそのままどっか散歩行った。

64-sanpomiti.jpg63-arukarasaruura.jpg適当に散歩。
まだアルカサルの遙か下方。戻れるのか戻れないのか不明。
65-segouranoie.jpg戻れました。
66-kotini-ryo,asa-do.jpgちょっと遅いランチ。セゴビア名物、ブタの丸焼きコチニーリョ・アサード(の切れ端)。ケンタッキーぽかった。1100円×2。ゴートチーズとハムのサンドウィッチ600円。赤ワイン300円。全部うまかった。


バス停探して街を彷徨う。
68-PLkyou.jpgポテチ食いまくってるおっさんがおった。後ろの家の「PL」ってなんやろ?

スーパー見っけてお土産のお菓子買いまくる。ウエハース0.44ユーロ(70円)とか。
69-basutei.jpg
おじいちゃんに道聞いたら、やっぱり英語全く駄目で、スペイン語と手話でなんとかバス停に着。

17時発マドリッド行き。

18時半マド着。

アトーチャで降りて、ソフィア王妃芸術センターでゲルニカ見ようと思ってたら、しくって、プリンシペ・ピオ(Principe Pio)駅でおりてもうた。ソフィア王妃行けず。

71-mazusiibanmesi.jpg
悲しかったから、晩ご飯は質素にトマトジュースとサンドイッチにしました。
posted by きく at 07:05| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

スペイン1,2日目 古都トレド

3-nimotu.jpg旅行荷物を持って光明池始発。始発やのにリーマンいっぱいおった。リーメン。

伊丹→羽田→バス成田。ロシヤが500ml爽健美茶を購入。
2分後、税関で没収。かわいそう。
売店返品不可やって。

成田→アムステルダム。
4-yokotawarugita-.jpgギターで2席占領。
5-banrippoi.jpg飛行機から万里の長城見えた。もしかしたら眼の錯覚かもしれん。でも多分合ってる。

映画見まくってたらアムス着。
インクレディブル・ハルク、ハンコック、インディージョーンズ、SEX AND THE CITY、ドラゴン・キングダム見た。
全部くそ映画。
ハルクはまだええ。ハンコックくそ。インディー激くそ。セックス神がかり的にくそ。ドラゴンおもんない。
6-hebippoi.jpg7-mayakuken.jpg
麻薬犬は見向きもしてくれなかった。


アムス→マドに乗る時、何故か急遽座席変更させられる。
8-basyokaerareta.jpg元々俺の席やった場所にはベッドが。でも離陸後も別に誰も使わず。

アムス→マドリッド(Madrid)。飛行機乗ってる時、多分気圧のせいで右の眼球が破裂しそうに痛かった。
9-nimotume.jpg10-lostbagage.jpgマドリード着。ロシヤの荷物こず。

空虚。

イベリア航空うんち。JALとコードシェア便やから、イベリアのせいで元々低かったJALの評価が更に腐った。
ついでに元々少なかった荷物も更に少なくなった。
11-yadonoheya.jpg
なんやかんやして宿着。現地時間夜の11時半。日本時間で朝の6時半。ガウディってホテル。4ツ星。グラン・ビア(Gran Via)通りのとこやから大都会のど真ん中。
都会のホテルやったらこんなもんかって感じ。田舎の4つ星やったら綺麗な庭でもあるんやろうけど。
部屋普通。サービスも普通。

12時半寝。
---------------------------------------------
7時起き。風呂。7時半飯。
12-cyuroabura.jpg朝飯。チュロやっけ?チュロスやっけ?うまいけど、めちゃ油っぽくて食いきれず。

13-madonoasa.jpg銀行で2人で4万円を272.5ユーロに変える。1ユーロ147円ぐらいのレート。日本で変えてもスペインで変えてもほとんど違いなし。

14-yakkyoku.jpg薬局でヒゲそり、歯ブラシ、歯磨き粉購入。14.7ユーロ。2200円やで。物価高すぎる。

トレド(Tledo)目指して駅へ。 
地下鉄でアトーチャ(Atocha)駅まで。
途中老眼のおばあちゃんに道聞いたり。スペイン人英語喋れぬ。
15-ato-cyaeki.jpg16-ato-cyanaibu.jpg特急みたいなん。Renfe(レンフェ)って電車の切符買う為、整理券取ったら順番くそすぎた。
軽く30分ぐらい待ち時間。その隙に服買いまくる。
持ってったくそ服とチェンジる。

17-sayonaraaofuku.jpg18-konnnitihamidori.jpg女子トイレにつっこんで怒られた後、男子トイレで変身完了。
着替え中、横にキチガイのおっさんが入ってきて、嗚咽を連発しててちょっと怖かった。
Tシャツ3500円、Gパン7000円、セーター4000円、靴下700円、ベルト750円。総額16000円ぐらい。靴下1ペアで700円とか高価すぎへん?
まあ海外旅行保険の荷物延着の保険で請求するからなんでも良かってん。

でも結果的には荷物延着の保険はついてなかったので、全額自腹くらったけどな。
悪い事はできません。

19-sutemakuri.jpg着ていた服、ズボン、全て捨てる。靴下だけ捨てない。


20-densya.jpg21-senro.jpg電車乗る。
壁の落書き多すぎる。
あと全般的にマドリッド景気悪そうやった。


22-toredoekicyaku.jpg23toredomietekita.jpg24toredonokabe.jpg
トレドついた。世界遺産。エル・グレコが愛した街。
主なる目標は、エル・グレコの家(Casa de El Greco)、カテドラル(Catedral)、アルカサル(Alcazar)。の3点。
カテドラル=大聖堂。アルカサル=要塞。って意味。


25-ikkohennpinn.jpg26taiyounomon.jpg昼ごはんに適当にピザとサンドイッチ注文。ピザ7ユーロ(1000円)。サンド3ユーロ(450円)。物価高し。
んならピザが何故か2枚来た。1枚食ったらまずかったのでもう1枚は返品。
おっさんが英語分からず苦労した。
ピザ1、サンド1の分10ユーロだけ払ってそそくさ逃走。

んでトレド旧市街の入り口(裏口気味)。ビサグラ新門へ。
普通の人はアルカンタラ橋から太陽の門へ行くが、道ミスった。


28-katedoraru.jpg29-katedorarunaibu.jpgカテドラル着。
ゴシック様式でスペイン2番手の大聖堂。典型的なヨーロッパの街よろしく、トレドのど真ん中にある。
入場料7ユーロ。神の家入るのに1000円必要。

まあまあ良かった。ノートルダムの1/3ぐらい良かった。


30-jimihenzuki.jpg
カテドラル出て、エル・グレコん家の方向かって適当にブラブラ。ロシヤ靴下購入。店の姉ちゃん客を無視しすぎ。店の中でギター弾いたらやっと気付いた。

別の場所でおっさんが「ジミヘン?」て話しかけてきた。
「ウクレレはアルゼンチンではそうやけど、スペインやったらブラギーニャって言うんやで。」とか言うてた。
即興で合わせてた。通行人は足早に通り過ぎるだけ。
32-gosikkububun.jpg33-mudeharububun.jpgサン・ファン・デ・ロス・レイエス教会みっけたから入る。2.3ユーロ。350円。神の家がめつい。
ここはゴシック様式とムデハル様式がひっついた、スペイン独特のイサベル様式ってやつ。1階はゴシックっぽい天井やろ?でも2階はイスラームっぽいムデハル様式。
あと普通のゴシックには見られない箇所は、中庭に向けて壁が無くて、モスクっぽい構造。ちっこい教会やけど結構独特でおもろかった。

34-erugurekorezu.jpgグレコハウスについた。しかし工事中で閉じていた。悲しすぎる。トレド来た意味め。

35-mayoi.jpgしゃーないから街の反対側のアルカサル方面へブラブラ。んで迷う。
普通に人が住んでるとこいってもた。観光客が全くいなくなる。
世界遺産の中やのに普通に売り家とかあったで。だれか買収しろ。

んで最終的に、アルカサルも工事中で入場できず。トレド来た目的3つ中2つ達成できず。終わり。

マドリッドには帰らんと、ホテル放置したままクエンカってとこに行こうと思ってんけど、駅で「クエンカ行きとか存在しない」って言われて、渋々マドへ帰った。

部屋帰ったら、イベリア航空でどっかいったロシヤの荷物が届いてた。
ついでに全く他人の荷物も届いてた。
文句電話かけたらホテルポーターが回収にきたので一件落着。

36-paette.jpg晩はパエリア食った。11.5ユーロ。1500円。うまかった。カラス貝と海老と烏賊。これはほんまに旨かった。
ビールは普通の味やった。

posted by きく at 01:42| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

スペイン帰宅

スペから帰ってきた。旅行ブログは明日から連載していくが、とりあえず少しだけ写真載せる。
30-jimihenzukinoossann.jpg
ジミヘン好きのおっさん。

52-toccyannbouya.jpg
絵。

68-potetikuuossann.jpg
道端でポテトチップスをむさぼるおっさん。

posted by きく at 00:50| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

旅行準備完

火曜からのエスパーニャ旅行の準備ぼちぼちやらなあかんと思って、始めた。10分後終了。
0-morokkohauso.jpg
こんな感じ。

パスポーツ、時計、ガイド本、水筒、カメラ、充電器、プラグアダプタ、パブロンゴールド、バセドー薬、マスク、チケ。

あと財布。ウクレレ。靴下とパンツが増える。

カバンと着替えは向こうで購入するわ。ちょうど秋冬もん欲しいと思ってたし。

カメラの充電器のでかい部分がなくなればもっとモル濃度減らせるのにな。電圧ちゃうからしゃあないけど。
ウクレレ度外視すると、容積比で荷物の50%がカメラの充電器ってのがとても悲しい。
posted by きく at 21:01| Comment(5) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

奈良旅行:ええ事なんか多分1つも無い

奈良た。事の発端はGWぐらいに生そーめん食いに行くぞみたいな誘いを達郎から受けたん。
生そうめんやで。手延べそうめんを、延べて乾かさんとそのまま茹でて食う感じらしい。
んな感じで達郎のルノーで奈良た。10時出発言うてたから、予定通り11時に出発。なぜかこのメンバーで遊ぶと"予定通り"1時間遅れる。

0-toriimiyuki.jpg目印の鳥居みゆき的な場所についた。大神神社ってとこやったかな。でも「おおがみ」って読まない。ほんまの読み方忘れた。

覚えてるの、創価学会って素敵ですねって話してた事だけ。あとサミットは世界を救うから素晴らしいですね。って話。

1-taiheijippoi.jpg迷ってたら激狭いところに突っ込む。ルノーが壁で研磨された。打製車から磨製車へと進化した。奈良時代までもうちょいって感じ。

2so-men.jpg3-runo-tatioujyou.jpg生そうめん食えると思ってた場所はただの家やった。販売してるけど食堂してない。
道狭いから、車停めて、ソロで先行して、4人分茹でてくれませんか?ってお願いしたけど、無理って言われた。悲しい。

狭い道脱出。

4-oisikatta.jpg池利ってとこの直営店に入った。生そうめんないの?って尋ねたら無いってさ。普通のそーめんにした。おいしかったで。そうめんの分際で800円。でもおいしかった。と思う。

せっかくおいしかったのに、食後、障害者→障がい者って変えても意味ないから、いっそ「よもぎ人」みたいな新しい単語を作ってみれば、差別っぽさがなくなるのでは?っていう命題についてディスカッションしてたら、席たった時おいしい料理の余韻の全てが台無しになってた事に気がついた。
ええとこでご飯食べたら「とてもおいしかったですね」って言うてサラっと店出る方がええ。セレブが頭悪い会話をしない理由が分かった。

5-yarukime.jpg6-fukuwokuuna.jpgんで奈良市まで行く。

シシガミさまに会った。暑すぎてやる気めやった。お歯黒も塗らずに野山を駆ける鹿愛ずる姫といふものなんありける。

お歯黒の代わりに鬱血した屍体みたいな色のペディキュア塗ってた。

7-nandaimon.jpgナムデジュン国家主席みたいな場所。南大門。今から考えてみれば東大寺南大門とか聞いた事があった。ボロボロでした。

8sekaiisannodaibutu.jpg世界遺産。奈良。仏がおる家。大仏殿やったかな?

9-sougonnadaibutu.jpg仏。奈良の大仏とか言うぐらいやからどれだけでかいねんと思ってたら小さかった。ミニマム。顔がでかかった。5頭身ぐらい。世界遺産。

0-hasamaruhito.jpg1-sessya.jpg2-umanojyosanpu.jpg
3-youkaiakaname.jpg4-hassei.jpg
穴くぐる薮っ子。接写でとりまくった。こういう回避不能中の人を接写しまくるの楽しい。
ひっぱり出してるのを見た時、ムツゴロウ王国の馬の出産を手伝う人を想起した。
これがアナムネーシスであり、穴からひっぱり出される薮っ子という象限を通して、俺の魂が出産というイデアへの憧れを体現した結果である。 −プラトン著『イデア論』

穴からにじり出てくる薮っ子は中期型カオナシにそっくりだと思った。「千を出せ。千はどこだ。俺は空腹だぞ」って言う奴。通称"お代官さま"。

これ俺も達郎もやってんけどさ、なんか穴をくぐる事によって禊がれて、新生の喜びを味わうみたいな意味やねんろ?でも潜り抜けた後、俺は、良い事なんか多分1つも無いって思ってしまってん。

この世への誕生は、苦しみの始まり。あたかも金細工人が一つの黄金の小部分を資料とし、さらに新しくかつ美しい他の形像を造るように、この我も身体と無明とを脱して、新しく美しい他の形像を造る。これは諸神であり、生生であり、梵天であり、もしくは他の有情である。故に、世の人はいう。人は欲よりなる。欲にしたがって意志を形成し、意志の向かうところにしたがって業を実現する。その業にしたがって、その相応する結果がある。 −『ウパニシャッド哲学』

俺も達郎も薮っ子も穴くぐもっても、一片の喜びも感じなかった。むしろ疲弊しきった。
達郎は「この穴に住みたい」とまで言うてた。
くぐらなかったDVはなんか楽しそうやった。
この世は地獄だと思った。地球に生まれて良かったと思えるような世の中になるよう、洞爺湖で話し合ってくださいと思った。スジャータが5時を告げていた。

なぜ生物の資料集は「カエルの誕生」じゃなくて「カエルの発生」って書いてんやろ?っていう疑問だけが解決した。
穴からよじり出てくる様はまさに発生だった。

15-gaijinkuso.jpgアメリカ人に写真撮ってもらう。ミスって「can I take a pictuer」って言うてしまった。

ていうかこの写真なんやねん。なんでトンガリコーンしか写ってないねん。もっと世界遺産をフレームに入れてくれよ。

16-kuroihito.jpg次いで黒い人に頼む。push this button and slide. please push silver button。みたいな感じで説明したのに、多分通じてなかった。

5-otukareyabu.jpg
み。

posted by きく at 09:29| Comment(9) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

親愛なるメアリー・アニング様

バレー見てたら1日が短い。
栗原びみょいな。栗原ほどの選手やったら日本では身長と攻撃力だけで押し切れる分、海外のでかい奴らと対峙した時の器用さとかがあんま成長してない。栗原なら海外リーグ参戦したらもう一皮剥けそうやな。

化石掘りにいってん。メアリー・アニングの足跡を辿って。
朝8時に出発って予定やったから8時起床。“予定通り”予定から1時間遅れで9時ぐらいに出発したはず。

情報が「湯浅のどっか」しか無かったから、とりあえず湯浅っぽいとこまで行った。

高速出口のおっさんに「化石どこ?」って聞くが知らんって言われた。
道端の花つんでるおじいちゃんに「化石どこ?」って聞くが「湯浅城って400年前の城があるが、1億年も前の化石の事は知らん」って言われる。
0-okeDV.jpg醤油屋寄って「化石どこ?」って聞くが知らんって言われる。

1-kokuminsyukusya.jpg適当に湯浅城行く。が、実は国民宿舎。全然城じゃなかった。
「化石どこ?」って聞くと「あっちらへん行って矢田団地んとこの地主の中瀬さんに掘らせてって頼めばいけるんちゃうか?」ていう生きた情報ゲッツ。

2-wakayamanoumi.jpg矢田団地に向かってたはずが、海に着いたから適当に休憩。
3-yuasasannnomise.jpgこの店(?)で
「化石どこ?中瀬さんって地主の土地やねんけど」って聞いたらタウンページで中瀬さんの電話番号ゲッツ。順調。
矢田団地の場所も聞けて行ってみる事に。

矢田団地で庭の草抜いてたおっさんに、「化石どこ?」って聞いたら教えてくれた。
4-nakasesannoie.jpgんでその場所の向かいにあったでかい家。地主って言うぐらいやから、多分あのでかい家が中瀬さんやろって感じで行ったら、案の定中瀬さんの家やった。ピンポン押すが留守。タウンページでゲットしてた電話に携帯からかけたけどやっぱ留守。

和歌山県の役所の人おったから、話しかけて、地主留守やし、別に勝手に掘ってもええんちゃうか?って感じで掘り始めた。
5-hakkutusiteruyatu.jpg6-kodomokita.jpg発掘開始。
そのうち吹田の子ども会チックな団体が来た。役所の人は子ども会に依頼されてきてたらしい。ご苦労様。
吹田の子供に「吹田の何町からきたん?」って聞いたら「4丁目」っていう素晴らしい回答が返ってきた。

7-hanam-oreta.jpg8-kimurasaori.jpg2時間ぐらい発掘してたらカナヅチが崩壊したから、そろそろお開きかみたいなノリで撤収。
吹田の子供に「俺の発掘した貝あげる」って言うたらいらんって言われた。
ほんで、お昼にしらすご飯食べて適当にのんびりして2時半ごろ撤退。
9-kezurumasi-nn.jpg0-unitouni.jpgこれがナフコで購入した化石を磨くマシーン。
右が発掘成果の一部。化石のウニと、生のウニ。石の茶色い部分の模様わかる?一緒すぎるやろ?ウニは3億5千万年も進化せんと何してたん?

楽しかった。今度はカナダのバッドランド(くそ土地)にイグアノドンの親指掘りに行くわ。 
posted by きく at 00:34| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

後追い日記

そんなに忙しくもないけど、なんとなく日記が後追いになってる。
KOBEのChaina cityに行ってきたよ。Monday。
00-gyoromkenohito.jpg三国ヶ丘で10円のJスルーカードを使用し、関空快速京橋行きへ飛び乗った。
ギョロ目のおっさんがおったので、とりあえず盗撮。俺、この手の顔の人めちゃ好き。絶対ええ人やでコイツ。

01-sencyan-iropposi.jpg千ちゃんが短いスカーツ履いてきてたのでとりあえずキャメラに収めた。
誰かが「それやったらスカートはいてなくても一緒やん」的な発言をしてた。それに対する返答は「私足出してても寒くないねん」やった。
かみ合っていない。

8-kusoDV.jpg
7-munaita.jpg
6-kafukubu.jpg
5-ashi.jpg

誇り高き男、DV。スーツやったのがあまりにおもろくて縦のパノラマ写真を撮ってしまった。
誇り高きDVは俺に借金5千円のうち2千円を返却してくれた。微妙に分割されて、あんまり嬉しくなかった。誇り高い。

10-kayuteisyoku.jpg11-painapo-umai.jpgお昼ごはんはお粥でした。ピータンお粥。おいしかった。
ジャスミン茶を飲むとアラジンを思い出すのは僕だけでしょうか?
コイツらパイナポー食いすぎ。そんな中、僕はパイナップル缶詰に棒状のモノを通した上でアブノーマルな遊びをする夢を見て以来、なんとなく食べてません。
12-ronsukanoaho.jpgスカートの長い女子高生がいたので盗撮した。さすがお洒落の町KOBEやな。
13-LOVELOVELOVE.jpgごめん。写真タイトルはLOVELOVELOVEにさせてもらった。
14-hennatawa-.jpg散歩した。
15-kawasakijyukou.jpgDVは川崎重工の面接やったらしいで。就活すんな。そんなんする暇あったら自殺しろ。

19-kappo-.jpg18-sinebaee.jpg22-kusohimi.jpg
左から順に、暇なカップル、暇なカッポー、暇な村井。
格差社会。
20-hatoousencyan.jpg鳩を追い回す千ちゃん。ちょこちょこ歩いてる様がかわいかった。ムービーで撮りたかった。
赤子に話しかける時、自分も乳飲み子言葉になる馬鹿親的なかわいさ。
そう、あの時彼女は鳩になっていたのです。サヨナラ。

16-eekanji.jpg17-kusosyasinninatta.jpg俺は左の写真はかなりええ写真やと思うわ。右はくそ。

23kappo-kenka.jpg痴話げんかのクソアベックを盗撮したが、実は女が一方的に愚痴ってるだけやった。あんなんあかんわ。
24Msa-kuru.jpg地元でミステリーサークル発見した。宇宙人おるな。確信したわ。

み。

posted by きく at 01:37| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

2月の始めの Blue Sky

00-daizudehanai.jpg鹿児島に着いた。白くまの店。なんやったかな。北極星とか天文台とかそんな感じの名前の店や。行った。見た。食った。
01-hohoemiekubo.jpg村井ちゃんが店員に「これ大豆ですか?」って言うて絡んでた。大豆の訳がない。そら豆。
国境を越える話みたいなんした記憶がある。ご飯チケットで無料やった。熱い。おいしかったけど、凄い寒かった。体冷えた。

02-itteruneko.jpg03-ahoyama.jpg展望台に登る。レンタカー2台。
阿蘇山きれいやった。阿蘇山ちゃうわ。桜島。「島ってつく地名は全部鹿児島にある」って適当な豆知識を教えてあげたら、誰も信じてくれへんかった。嘘やからええけど。

04-uresisounamurai.jpg鹿児島、篤姫推しすぎ。
この写真、溶液の圧姫こと村井ちゃんの顔が嬉しそうすぎて若干むかつく。 

05-mattetehimayatta.jpg水族館行って結構楽しかった。鹿児島のエンターテインメントは全国トップクラスのくそっぷりやけど、ここは楽しかった。サンマと珍穴子が良かった。珍穴子って、珍・穴の子やから、まあ分類したら人間とあんまり変わらんって思ったけど、セクハラになりそうやから言わんかった。あの時はよく我慢したと自分を褒めてやりたい。
06-oujyanofuukaku.jpg水族館やけどなぜかヅラがあったのでかぶりました。ええ感じ。菊之元人麻呂(趣味:人形劇)って感じやな。

車で走りまくって指宿へ。宿。
 →砂風呂こんなん
砂風呂ちゅうのが有名で、上のURLみたいなんやと思ってたら、小汚いビニルハウスの中で、大根の兼業農家丸出しの長靴オッサンに、ドブさらいのごとくスコップで砂を乗せられた。現実は甘くない。
07-sunamusikuso.jpg天空温泉はただの地上5階の風呂。ラピュタっぽいの期待した俺がアホやった。俺ん家の風呂とあんま変わらん。せめて住友林業に造ってもらえ。ショボすぎ。地元の工務店に頼んだんやろ。こんなんやったら、三セクには勝てても外資には勝てんぞ。楽しかったけど。
せや、混浴やったのにリアルババアすらおらんかった。
ピチピチ女子大生のお二人さんは先に宿に帰ってました。

08-tukapyonnabareteru.jpg部屋で寝そうな采女をいじめたりしつつ。メガネの発祥と歴史及び、ハードコンタクトによる角膜への裂傷の可能性について議論した。
俺の中で「視力ええ=頭悪い」みたいな偏見がある事に気づいたが黙ってた。
09-siagehaokaasan.jpg10-tukapyonhamigakiyanki-.jpg
朝、盗撮。
11-MicroSoft-yahoobaisyuu.jpg
「マイクロソフトがヤフー買収提案してるやん!」

12-feri-kuso.jpgフェリー乗った。桜島在住の鹿児高生は船通学やな。高校なんか行かんと大根育てとけ。
13-kyouryuusaikou.jpg
桜島の誇る恐竜公園。レイン降ってたのが残念やった。俺の中で桜島の評価が爆騰する。やっぱ恐竜熱いな。化石師なりたい。
恐竜より2留をなんとかしろって言われそうやが。

14-yougankuso.jpg15-gakekuzuresugi.jpg溶岩の煙とか、土砂崩れとか見つつカーで走る。
土砂崩れんとこでコルトが1台負傷してオイルが漏れた。三菱自動車工業くそ。Fitやったら多分なんもなかってんで。
オイル漏れたまま走って地面が七色になってた。
16-koruto-nyuumetu.jpg17-nijiironodaiti.jpg
ガソリンスタンドで見てもらう。「修理無理すぎる」って言われてテンションあがる。やっぱアクシデンツが無いと旅はおもろないからな。
18-demiorekka-.jpg三菱コルトが1台入滅したので、マツダデミオと交換してもらった。交換代5万。5万円あればメンソレータムのリップクリームが200本買える。俺の唇の潤いを永久に保てるのにな。

19-muzukasiikanjitukauna.jpgいつの間にか宮崎県についた。宮崎縣廳ってそんな難しい漢字使っても逆に頭悪く見えるっちゅうねん。阪南大學の學とかもハイレベルな漢字使っても、みんなくそ大って知ってるからな。やめた方がええで。

20-gyakkyou-seisyunnohikari.jpg21-narakenjyanai.jpg22-takiyoi.jpg
23-sakusanion.jpg24-gasorintakasugiru.jpg宮崎サンホテルフェニックスってホテル。
霧島登った。島って言うくせに山。ほんなら霧山でええ。豪雪に見舞われ散策中止。くそラーメン食う。
霧島神宮を見に行こうとしたらミスって130km先の霧島神社を目指してしまってくらった。1時間損。
滝でCH3COO-的なマイナスイオンを4粒吸収。寒すぎた。

最後レンタカー屋でガソリン入れてくれるとか言うて入れてもらったらリッター160円やった。ボリすぎ。ガソリンタダ券あったからええけどさ。


楽しかったけど、一生雨降ってた。スカッとした景色を見た記憶がない。

ご清聴ありがとうございました。
posted by きく at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

メキシコ旅行 打ち合わせ議事録

2月末に行ったメキシコ旅行の打ち合わせの時のメッセのコピーを載せる。長いで。
緑:俺。   青:もりこ。   紫:DV
----------------------------------------------------------------------------------------
タオルで体洗うついでに体でタオル洗う
ええ。えらいな
石鹸いるやん
ない
なかったらもりこのパクる
おい
じゃあブラジルに備えてるDVの石鹸
ええ。おもろすぎる
シュワの勉強しときや
俺手話部やからいけるで
ブラジルがきた
ほんまや
今からいう

-------------------------------------------------------------------------------------------
メキシコちょっと高いから国かわるかもせん

値段一緒ぐらいやったらどこでもええ?
どこでもええ
ブラジル有力やで。日程とかも一緒。12〜21とか

多分ジルになる。トリオの故郷
何みるん?

おもろい?
おもろそうすぎる
んなそこでええ
俺ともりこ東南アジアあんまやったし、北半球は冬やから荷物かさばるやん

南半球か赤道直下のがよかった

ブラジル伝染病ないん?
いける。予防接種とかはめ
黄熱病とかなったら死ぬ
遺体はちゃんと送還してやる
----------------------------------------------------------------------------------------
振り込んだ。また確認しといて
ふりこんだ

旅行会社につっこんだ
手数料420円もとられた
6円もらった
2円×3
うれしい
やろ
テンションあがった


パスポートは?
FAXして
電話番号は?
FAX: 06−6536−1583
****************************************
◆ チケット情報
****************************************
◇ お問合せ番号 : 53891282
◇ 航空券ID : 063679
◇ 会社用航空券ID : dloctmexnas30
◇ 受付日時 : 2006/11/20 13:39:02
◇ タイトル : デルタ航空 メキシコ行き

適当に送っておく
テスト腐った
リュ?
はせん
妹も腐ったって
人生?
アホか。センター試験
g。そんなわかいんか
みたい
もうとっくに大学いってると思ってた
名工も候補になってる
立命こいって言うといて
廃人になるやん
立命は?
廃人。
俺の遺産全てやる
2留。全ていらん
レポートやるって。g
まじか
パンツもあげるで?
まじ。パンツ1枚の人やろ?って妹毎回言ってるで
gって言うといて

ラリアあがった。むかつ。もりこ儲けまくりやんスイス以外
パンツ1枚でパンツあげあたら俺どうなるん?
チン毛残るんちゃん
チン毛そる
チンコは?
剥く

下品すぎた
もっと誤って
gggggg
無理
(g_g)
きもい

せっかく23歳なったのにこんな会話しか出来へんの?

ユーロおもったよりいかんな
18万ぐらい損してへん?
6枚持ってたし
ポンドどこまでいくん?
260円?
3000?
まじ。イギリス旅行一生無理やん

もういったからええ
旅行やりにくいな。2月で利上げしてほしい
メキの時だけメキと日本以外でテロおきればええ
メキシコのルート俺の案言うてええ?
無理
言うからメモっといてや
コピぺする
12 昼過ぎアトランタ
13 夕方ビヤエルモーサ寝る
14 パレンケで遺跡見る
15 サンタエレーナまでいく
16 サンタで遺跡後ピステまで
17 チチェン
18 カンクン

見たけど都市まったくわからん
がちゃがちゃタバコ?
何やった?
もりこの電子辞書で俺がイングで調べまくってた
夜行め?
めっぽい
電車なんでないねん
電気ないんちゃん
レンタカーかりたない?
俺にシーチキンの怒りをぶつけるな
かりたい
いけるっけ?
無理やけどいける
まじ?
国際免許加盟国じゃないから国際免許とっても意味ない
乗る
てl
はやく
てl
てlってなに?
tl
わからん
はやく
NZ85いった
tl
てl
てlってなに?
てl
てl
てl
はやく
きになる
てl
早く
tl
tlってなんやねんn
おい
tl
tl
教えて
教えてくれたらメキシコではめない
2回しかはめない
おい
てl
tel
電話?
てl
えろい
sore
てかパレンケ何あるん?

アトランタはなんでもええ
ええ
タクシー使うと+1万か
タクいらん
カンクンから空港までで2500円くらいやで
適当
カンクンで泳ぎたい
カリブ海ええ
まあなんでもええか。だいたい決まった。後はアドリブでいけるやろ
アドリブ嫌
ええかんじ
それでええ
ブラジル調べてや。DVに言うのめんどい
俺もめんどい。DVに決めさせよや
かわいそう。てかどこ行くん?アマゾン?
ホテルは俺が全て手配するし、菊は移動手段考えるとか役割決めよや。DVは何て言ってん_
マラリアがどうとか黄熱病とか
くそ
廃人のくせに伝染病びびってる
関係ないやん。性病の心配しろ
俺は行かんからそんなんどうでもええ
飛田行ってんやからマラリアとかどーでもええやん
アマゾンにするなら、リオとか適当に言えん
リオで2日間観光して、そっからアマゾンツアーで
ほんならリオ入りで国内でアマゾンらへんの町いってツアーで帰宅
それでええ。どーせ関係ない
メモっとく。詳細はDVに決めさせる
ええ
ブラジルの話全くおもしろくないな
おもんない。DV参加させよや

ブラジルの事決めるぞ

いま?

だいたい決まってる
あとはリオで何するか
てかDV決めて
なんで勝手にきまってんねん
俺はなんでもええ。DVきめろ
リオ以外なにすん
アマゾンツアーに行く
それ
DV何したいん?
国内便でマナウスとかいうとこ行って後半はアマゾン。前半のリオが全て未定
なにできるん?
ベトナム行った時はバザーとか腐った観光しとったで
それでええんちゃう
パラチーって街がリオの近所にある。そこは遺跡っぽいのとかある
なにでしらべてん
パラチーええ
んなとりあえずパラチーで
あれ見たい。ブラジルの手広げてるなんかでかい像
どこにあるん
リオ
リオって首都?
首都ちゃう
アマゾン
海岸でトップレスみたい
ええ
地球読んできめたい
俺はアマゾンがあれば満足
途中でとまる
なんでや
滝は?
マナウスやで
ほんまや
マナウス空港
現地ツアーってスペイン語とかちゃうん?
ポルトガルちゃうんか?
ポルかよ
まあ英語ツアーぐらいあるやろ
DV参加しろ
してる
リオで2日ぐらい観光やろ、んで国内便でマナウス空港まではもうチケットとっている
リオは適当。DVに任せる
像、トップレス、サンバでええんちゃん
適当
地球読んでみたい


くそすぎるやろ?
posted by きく at 21:09| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

ドラえもんの宣伝

くそ日記やで?読む価値マジでないで?
ドラえもんのび太と太陽王伝説ってくそ映画知ってる?知らんやろな。結構新しいし。俺らが高1の時の映画やで。高2の時が翼の勇者たちやから、その1個前。

まあそんな時のドラえもんの映画とか見てる訳無いよな。ちなみに俺は06年までの全ての劇場版ドラえもん見てるけどな。
見てるどころかDVDで持ってるけどな。

0-cye.JPGj-erukasu2.jpg左がドラえもんの太陽王伝説の太陽王ティオが住んでる家。
右チチェン・イツァーのエルカスティージョ。似てるやろ?
でもティオが住んでる家はちゃんと中お城みたいになってるねん。
エルカスティージョ中空洞ちゃうから住まれへんで。
エルカスティージョは城じゃなくて神殿やしさ。

1-sakka-dhi.JPGa-usyunokyuugijyou.jpg左ドラえもんのサカディってスポーツ。負けた方が殺されても文句言えない決闘みたいなもんやねんてさ。
右チチェン・イツァーの球戯場。勝った方が生け贄にされる。優秀な生け贄するためやって。くそ。
でもドラえもんは史実と設定逆。負けた方が殺されるなら、単純に殺しあえばええ。サッカーする意味ないやん。

4-seno-teno.JPG4-ikenienomizuumi.jpgドラえもんでも実際でも、雨降らんからお嬢さんを池にブチこむねんて。
俺がもし生け贄にされて池にほり込まれたら、とりあえず潜って沈んで死んだフリして、端にへばりついといて、夜なったらあがって逃げるわ。
でも、マヤ人日照りなったらここから水汲んで畑に撒こうとか思わんかってんな。アホやな。せっかく地下水豊富やのに。井戸掘れよ。くそか。

2-dekaikaoaa.JPG4-dekaikao.jpgでかい顔。実はこの顔マヤと作られた時代全く関係ないんやけどな。
てかなんで顔だけなん?ヘッドギア装備してるし。
1番最初に顔作った人は偉いよ。凄い独創的。でも後から同じのばっか真似して作った奴はくそ。ネタ無しか。
中国の纏足もやけどさ。なんで昔ちっさい足可愛いとか言われてみんなやるかな?歩かれへんねんで?血迷うなよ。んで次の国王も「実際その足気持ち悪いで」ってなんで教えたれへんの?

変化する事をやめた時、そして人から完全に忘れられた時に文明は滅びるのだと思います。

3-cyakkumo-ru.JPG3-cyakuab.jpg生け贄の心臓乗せる台。この人型もクオリティ低いよな。人の上半身と下半身が1:1.6で黄金比になってるってWBSで言うてたで?完全無視やん。胴長すぎ。
キャプテン翼は胴短すぎ。足長すぎ。キャプツバで最近アネゴと翼君結婚したって知ってた?日向君はセリエBでくすぶってるねんで。悲しいわ。
posted by きく at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

メキシコ旅行 総集編

1-sakiiku.jpg難波のアンスリーで待ち合わせしてたけど、俺1時間勘違いしてて、こんな張り紙されてほってかれた。悲しかった。
結局俺は飛行機も乗り遅れて2万2千円払って成田空港まで行く羽目になった。 

2-stone.jpg3-patoka-.jpgアトランタで道に迷う。メキシコ行きの飛行機まで時間無かったからヒッチハイクしまくって、全部無視されて、偶然通りかかったパトカーヒッチハイク。
んで乗せてもらった。助かった。

4-burajiruno.jpg5-transit-mexico.jpg6-transit-brazil.jpg
7-barasu.jpgDVにブラジル旅行って嘘ついてたから、ブラジルのガイドブックとか、入国カードがTransit Brazilになってたりとかしてる。くそ。

アトランタで「実はメキシコ旅行やで」って教えてあげた。

8-withmegane.jpg9-kiss.jpgメキシコ入り。オルメカ文明の遺跡見に行った。
触るな!って書かれてたけど無視して、メガネ安置したり、kissしたりした。
変な虫に刺されてしびれた。めちゃ痛かった。

b-jyanguru.jpgc-kucyufuyu.jpgd-rakka.jpg
ジャングルの中にある、マヤ文明のパレンケ遺跡を見に行った。
2枚目と3枚目の写真見比べたら、俺が空歩いてるように見える。すげえやろ?

a-koma2.jpgパレンケ・シティの街中で子供がコマ回しして遊んでたから、スペイン語で喋りかけてやらせてもらった。むずかった。
途中でおっさんもでてきて「大阪の空手の映画見た事ある」って言うてた。
大阪の空手の映画って何?

e-majyonopiramido2C2C.jpgf-iguana-cyokkai.jpg
ウシュマル遺跡でイグアナ猟をした。イグアナは意外とシットリしてた。

f-funstation.jpg市場で、プレステとファミコンのパチモン「ファンステーション」を発見。
店長に
「俺は日本人じゃ。正規品ちゃう事は分かってる。なめんなよ」
って警告しておいた。

g-erukasuthi-jyo.jpgh-maisou.jpgi-hennakumo.jpg
チチェン・イツァー見た。
偉い人のお墓にもぐりこんで遊んでたら、気持ち悪いクモがウジャウジャいて泣きそうになった。

j-casio.jpgこの人らに、
「あんたら日本人か?カシオのデジカメ修理してや」って依頼される。
日本人とか関係ないし。無理やろ。って思ったけど直せた。さすが俺。

k-kutusita.jpgバス、エアコン効きすぎで寒かったけど、靴下を突っ込む画期的な方法を編み出してからは寒くなくなった。

n-ryuuradehasyagu.jpgp-rentaka-2.jpgo-rentaka-.jpg
カンクンでレンタカー借りた。国際免許どころか、日本の免許も持ってなかったけど、なんかいけた。
左ハンドル、右側走行。楽しかった。

もりこが1回カギなくしてピンチになった。結局ビーチでライフ・セーバーが拾っててくれてん。
もりこが、以後貴重品を一切持たない宣言を発令した。

q-bo-tohakai.jpgr-2daime.jpg現地で申し込んでボート運転したけど、いたずらして破壊しちゃった。ごめん。
緊急サイン無視されて遭難した。
ちょっとしたら助けきて、そっちの船に乗り移ったらそっちも潰れた。
最初のボートは海原に放置。2台目はガイドが修理したら直ったで。

s-hansode.jpg
日本から着てった服と靴、メキシコで全部捨てちゃったから、気温2℃の中、丸2日間半そでビーサンやった。
飛行機の毛布パクって、それに一生包まってた。
 
posted by きく at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

メキシコ記 9,10,11日目

飛行機で日付変更線またぐので2日分。
あと名古屋で1泊したから3日分。

0-kutibiru.jpg飛行機の中で唇乾燥しまくって死にそうになった。
アイマスクをマスク代わりにして何とか耐えようとしたけど、あんまり耐えん。
リップクリームって友達が持ってても貸してくれってなかなか言えんよな。
苦しかったわ。

1-morikogamu.jpg
預けてた荷物、もりこのカバンにガムがくっついてた。かわいそうに。メキシコで買った770円の偽プーマカバン。
お気に入りのカバンで旅行したらあかんなと感じた。

2-poncyo.jpg3-hansode.jpg成田でDVがお土産に購入したポンチョを着てた。この時気温8℃ぐらい。

服は全てメキシコに捨ててしまったから、Gパン、半そで、ビーチサンダル以外着るものが無かった。
凍死するかと思ってポンチョ着たけど、ポンチョってあんまぬくくないねん。しかもめちゃ重たい。脱いだ。

名古屋の早朝。気温2℃。寒すぎるからデルタ航空でパクった毛布に一生くるまってた。
乞食っぽくなるかと思ったが、意外とスナフキンになってたと思う。
右の写真は中百舌鳥。

成田空港から青春18切符で、名古屋の漫画喫茶で1泊して大阪帰ってきた。電車は一生寝てたからあんま遠くなかったで。

あー…次はどこ行こっかなー
posted by きく at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

メキシコ記 8日目 帰路

0-9enpankuumoriko.jpgメキシコ最終日。俺はペソなくなったから(ドルはあったけど)、もりこに9円パンおごってもらった。ありがとう。
9円パン食うもりこ。 
3人の余った小銭をかき集め、それでゲームで負けた奴が、ペリカンのスーパーでなんか買ってくるってゲームした。大富豪。

俺負け。
1-koma-syaru,mehika-na.jpg2-5.9peso.jpg3-karasugita,yasai.jpg
お金は5.9ペソ(60円)余ってた。1人でペリカン行って野菜ジュース購入。野菜ジュースは5.75ペソ(58円)やったから、20センタボ(2円)余った。

野菜ジュースには唐辛子が入ってて激辛。でも実は結構美味しかった。最初ちょっとびっくりするけどな。4-nanpinsengen.jpg
空港行ってお土産購入。DVがカルーアミルクチョコを買ってた。めちゃおいしそう。
出国審査済ませて、ゲート前の免税店で全く同じカルーアチョコが100円ぐらい安く売ってた。DV300円損。「ナンピンしよかな」って言うてた。くそ。
俺、ゴディバのチョコ買う。33ドル(4000円)。ゴディバ高すぎる。

飛行機乗ってアトランタへ。
5-nandenaranderunen.jpg異常なまでに人が並んでた。くそ。そこら辺の人に「なんで?」って聞いたが「知らん」って言われた。

6-seguulei.jpg既に夜の9時とかやって、外出て宿とるのめんどいから空港で寝る事にする。エアコンききまくってて半そで寒かった。

セグウェイに乗ってるおっさんがおった。DVが「乗せて」って言うてたけど拒否られてた。俺も乗りたい。

7-marui.jpg8-marusugi.jpg9-toripurumarui.jpg
a-marumaru.jpg時差ボケ治す為、寝んと一生ゲーム。トランプ。毎回罰ゲームがある。
これはその罰ゲームで撮影したアメリカの丸い人々。アメリカ人丸すぎ。
これも罰ゲーム。ホール内をスキップする俺ともりこ。

近くに座ってた白人さんが笑いまくってた。

アメリカ時刻の明け方、眠くなったから寝た。
posted by きく at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

メキシコ記 7日目 ボート破壊

8時半に、昨日予約してたジャングルツアーの待ち合わせ場所「マリーナ・バラクーダ」に行かなあかんかった。
0-sougei.jpgでもレンタカーの返却時間超過しそうでダルかったから、DVともりこをマリーナまで送り届けて、俺だけ車運転してレンタカー返却し、その後合流するってプランにした。

単独行動多いな。

3人でレンタカー返却しに行った場合、7時台にオフィスが開いてない可能性が高い。すると3人全員がジャングルツアーに遅れる可能性がある。
せやから、2人だけは確実にマリーナに届けて、俺が無理やったら諦めるって感じでソロレンタカー返却にした。


ガソリンいっぱい余ってたからキックダウンと急ブレーキを連発して地球に優しくない運転を心がけた。DVもりこ降ろして、ソロで走り去る俺。密かに窓から手出してるで。俺愛想ええやろ?

BUSTERってレンタカー会社やってんけど、前日にビビってた詐欺もなく、デポジットのVISAカードも返ってきた。
最後にBUSTERのおっさんに、マリーナ・バラクーダまで送ってくれって言うたら、ちゃんと送ってくれた。
「名前なんて言うの?」
「コモリ ショウゴ やで」
本名を語らないって言う鉄則を守り抜いた。
3-mari-nabaraku-da.jpg
マリーナ。普通やろ?

4-tumeboroboro.jpg台湾旅行中にネイルケア&ネイルカラーした美しい爪がぼろぼろになってきた。
そう言えばこの爪のせいで、旅行中「are you a gay?(お前ホモか?)」って3人に聞かれた。「no! it's Japanese traditional culture(ちゃうわ!日本の伝統文化じゃ)」って答えておいた。

7-jyanguru.jpg
簡単な説明受けて、ボート乗って、マングローブ林の間を走った。別にジャングルじゃなかった。
最初ボートはもりこ運転。

5-esayarikinsi.jpg6-esayaru.jpg
左の写真。注意書で餌やりすんなって書いてる。
勿論餌やる。餌付けするために水着の中にパンを隠し持った。

8-sakana.jpg9-sango.jpg
カンクンの海クオリティ低い。透明度も大した事ないし、サンゴも魚もしょぼい。クソ。
パンで餌付けしたら魚に噛まれて痛かった。

途中から、DVもりこの救命胴衣にパン挟んで、魚に襲撃させる戦法に変更。楽しい。
午前中だけあって、ごっつ寒かった。

b-bo-to,ore.jpg帰りはとりあえず俺運転。前方不注意。

それにしても、これで1人42ドル(4500円)は高すぎる。やっぱツアーはおもんない。
でも実は結果として、結構おもろかってん。

俺らがボート集団の最後尾やってんけど、途中で運転DVと交代してん。で運転してるDVの横に俺。
ちょっとしたイタズラ心で、横から手出して全速力で走ってる途中にバックギアに入れてみた。

んならボート停止。エンスト。くそ。YAMAHAのエンジンやねん。YAMAHAくそ。再点火を試みるがエンジン2度と始動せず。くそ。緊急サインで前集団に合図するも無視。
海の真ん中で放置された…

まあそのうち返ってくるやろって感じでノンビリしてたら、10分後ぐらいにガイドが返ってきた。

でもボート直そうとするも無理。どうやらイカれてもーたらしい。ごめん。
c-bo-tohakai.jpgd-gaidonoossan.jpgしゃーなしでガイドの船に4人乗りでマリーナまで帰るみたいな感じになった。
海原に放置された俺らの船と、あっちの方進めって言うガイド。
くそやろ?
まだ続くで。

e-2daime.jpg4人乗りしてたガイドのボートも停止。くそすぎる。もう笑うしかなかった。
これはHONDAのエンジン。HONDAくそ。次からはヤンマーにしろ。
必死に修理するガイド。俺らはノンキに記念撮影してた。
結局ガス欠やったみたい。やっぱHONDAエンジンは良い。YAMAHAくそ。

1台目は完璧に俺が破壊したけど、2台目までもエンストした為、俺の過失は問われる事はなく、逆に「お前らの整備不良のせいで俺らの貴重な時間が無くなった」みたいな憮然とした態度でおったら、お金の請求とかは無かった。
むしろゴネてたらツアー代半分ぐらい返ってきたかもしれん。
まあ楽しかったから良しとしよう。

マクドで昼ごはん。
g-siomamire.jpgf-moriko,kamare.jpg
俺のデジカメケースが潮で塩まみれになってた。海水だるい。
もりこの脚に、魚に噛まれた歯型が残ってた。見えにくいな。

h-sibasunpnaka.jpgDVがダルいとか言いうて、ソロで宿に帰ってレム睡眠するとか言い出した。DVソロ。

俺ともりこ2人でバス乗って、また高級な所のプライベートビーチに潜入。

海でちょっと遊んで、併設プールで潜ってたら、SS(セキュリティー・サービス)の人が来て「お前ら誰やねん?ブレスレットはどうしたんじゃ」って言われた。怖かった。
ブレスレットってのがそこを使える人の目印になってるっぽかった。俺らは勿論モグリやからつまみ出された。
i-tumamidasare.jpg
物陰でそそくさと着替えて逃げた。
j-koukyuhoteru.jpgk-bandonofuri.jpg
懲りずにまた潜入。俺らほんまクソじゃない?

また速攻でSSにつまみ出された。

ちゃんとカモフラのブレスレットもどきの紙まで巻いてたのに一瞬でバレた。
関係ないけどもりこのマラリア、まだ治ってないやろ?

「another hotel.I want to go to 出たい(違うホテルから迷い込んだ。出たいねん)」って感じで言葉あんま分からんフリして、なんとかしのいだ。 

なんやかんやで宿に戻った。
l-mesiyanoneko.jpgm-DVzettaiwasureru.jpgn-koronabi-ru.jpg
街ふらふらして、ええ時間なったから飯屋へ。1人1000円ぐらいするねん。高すぎる。
ネコいまくった。
コロナビール飲んだ。激マズ。
注文してから出てくるまで1時間待たされた。くそすぎへん?
o-mesi,umakunai.jpg
1時間待たされて出てきた料理がこれ。めちゃ旨そうやろ?
全然旨くないからな。ほんまに。
まずくもないけど。微妙すぎた。

p-toiretumari.jpg
宿帰る。DVが詰まらせたトイレが最悪な事になっていた。
うんこできない。おしっこして流そうとしたらあふれるねん。終わりやろ?バイオハザードやわ。

色々あって、DVが木の板の上で寝る羽目になった。くそ。俺はマット。もりこはベッド。格差社会。

r-hiyakesita.jpg
この2日間でごっつ日焼けしたから嬉しくて鏡に映る自分を撮ってしまった。
s-DV1mannakusu.jpg
DVが1万円無くしてテンション下がりまくってた。

そんな時の写真を堂々と撮るのはちょっと悪いから、フラッシュ無しモードで盗撮してん。だから写真ブレてるやろ?

u-3.33l.jpgw-pu-santoka.jpgx-kuso,kaifuusareteru.jpg
3.33リットルのジュース。でかけりゃいいと思ってる辺りが頭悪い。
プーさん「うわーこれハチミツだと思ったらマカロニだよ〜」とかやって遊んだ。
開封されてたビスケットが売られてたから、もりこが食ってた。くそ。動物ビスケット。1kgで16ペソ(180円)。
このスーパーのかかってる音楽がめちゃノリノリやったから、テンション上がった。

ペリカンのマークのスーパー。コマーシャル・メヒカーナって名前。
 
posted by きく at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

メキシコ記 6日目 車乗った

0-asaneoki.jpgカンクンの宿。エアコン付きの宿、トリプルで1泊385ペソ(4000円)。シャワーお湯も出るで。

サワヤカな寝起き。Tシャツ2枚とも洗濯してて、パンツ以外に着るものが無かった。

カンクンでは予定が全く無かった。何するか全く決めてなかった。
せやから適当に外出て、適当に「Zona Hotelera(ホテル・ゾーン)」って書いてるバス乗って、適当に泳げそうな場所で降りた。全部適当。ほんま適当。
バスはどんなけ乗っても6.5ペソ(70円)。
1-ryunoura.jpg
ホテルゾーンって名前のまんま、ヒルトン、リッツ・カールトン、ハイアット・リージェンシーとかの五つ星ホテルがありまくる場所。

RYUって言う5つ星ホテルに潜入して、受付スルーしてビーチに潜入。
1-ryuuradehasyagu.jpg2-ryunopu-ru.jpg3-pu-runainomoriko.jpg
遊んだ。海透明度くそ。魚は無。サンゴも無。全部砂入れてもうてビーチにしてる。くそ。自然を愛する人はカンクン行くな。ゴーグルかけてもぐっても何も見えない。くそ。
でも楽しかった。

俺の荷物の70%はデジカメの水中セットやってん。やっと使えた。
hotelzone_1.jpg
もりこがサンゴと魚見たいってごねたから内海(ラグーン)に行く。
さっきのは外海な。

4-ragu-n1.jpg
めちゃでかい国旗があった。多分サッカー場とかで人の上流れる旗よりもでかい。

5-ragu-n2.jpg6-ragu-n3.jpgラグーンもくそやった。ミニマムな魚しかおらんかった。透明度もくそ。

しかも天気悪くなってきて、さっきのでかい国旗もなんかやる気ない状態になってた。寒すぎる。
そこのホテルと全く関係ないけど、ホテルの人に地図見せて「どこの海が1番綺麗なん?魚見たい」って聞いたら「シュノーケリング・ツアー行け」って言われる。くそ。

7-rentaka-notoko.jpg適当に歩いて、また海見っけて、そこにあったツアー会社みたいなんで、もりこ、DVがシュノーケルツアー行くって言う。
俺は別にシュノーケリングには興味無かったから、1人でここらへんおるわって言うて分離。またソロ活動。4時間ぐらいか?って思ってたら5分でかえってきた。風強くて船出んかったらしい。 

なんかよう分からんけど、次の日にジャングル・ツアーっての行くの申し込む。船を操縦できるらしいから俺も申し込んだ。1人42ドル(4500円)高い。観光地だるい。

ついでにレンタカーも申し込む。国際免許どころか日本の運転免許自体誰も持ってなかってん。くそやろ?絶対無理やと思ったけど、なんか知らんが「10ドル追加でいける」やって。お金の問題じゃないと思ったが、まあ何でもええかって感じやった。
法治国家やな。メキシコくそ。
車代55ドル+10ドル(7300円)。

デポジットに5000ペソ(5万5千円)いるって言われた。「そんな金無いわ」って言うたらVISAカードでいけるって事で、初VISAった。俺の。宿に置いてたけど、取りに行った。
んならカードキーの有効期限が切れてて部屋に入れんくなってた。くそ。2日目の宿代払ってカードキー更新。金が無になった。
スキミングされてたらどうしよ?

で、レンタカー。ミッションの方が10ドル(1200円)安かったから、ミッションで契約したけど、店の人騙してオートマ借りたった。10ドル儲け。シボレーやったかな?

借りる直前に白人のおっさんが「この会社詐欺やで。ぶつけてないのに、ぶつけたって言われて金ぱくられる。気つけや」って教えてくれた。テンション下がりまくった。
8-rentaka-.jpg9-rentaka-2.jpg
運転してる。メガネかけてないやろ?視力くそやった。何も見えん。
無免、左ハンドル、指示器逆、道路右通行、道路交通法とか知らん。時速120キロぐらい出した。

a-marui.jpg昼飯ケンタッキー。めちゃフライドチキン好きそうな人がおった。
ケンタッキー高すぎる。メキシコのくせに700円ぐらいした。
DVと半分こした。貧乏。

b-umi.jpgc-rizo-to.jpgもりこの運転で、リッツ・カールトンの玄関まで行ったりしつつ、海到着。路駐して泳ぎに行った。ここの海が1番綺麗やった。カリビアン・ブルー絶好調。

適当に遊んでたら、ビーチボール欲しくなって、車に取りにかえろうとしたら、もりこが車のキーを紛失してた。くそすぎる。
d-moriko-kagifunsitu.jpge-kagi-me.jpg
泣きそうになって車の鍵探すもりこ。くそ。

歩いた道も全部探した。8往復ぐらいした。
なかった。
そこら辺の人に聞いて、色々手伝ってもらったりしつつ、1時間半ぐらい探して、諦めかけて、最後にDVがライフ・セーバーの人に聞いたら鍵預かってるでってなった。DVファインプレー。
嬉しかったけど、明らか探してる俺ら見てて、なんで何も言うてくれへんの?って感じやった。でも嬉しかった。
f-kagiseikai.jpg
ホッとしてるもりこ。

この5秒後に、一生貴重品持たない宣言する。くそ。
g-tensyonnaotta.jpgh-rizo-todesune.jpg波乗りして遊んだ。楽しかった。波高すぎるから、結構乗れた。

意味の無い飛行機飛びすぎ。

夕方まで一生波に乗ってた。めちゃおもろい。
i-freemarket.jpg車でフリーマーケットって看板でてるとこ行って、縦列駐車できんくてくらいまくった。ハンドル逆やからむずいねん。
「マリファナ?」って言われる。無視。
もりこが、おっさんに「駐車料金50ペソ(550円)よこせ」って言われる。
だるいから逃走計画を立てた。
赤い服で目立つもりこが遠くにおる隙に俺とDVで脱出を試みる。
逃げたった。お金払わず。
遠くでもりこを拾う。

ホテルへ。街中車怖い。クラクション2回鳴らされた。
むかつくから俺も鳴らしまくった。パッシングもしまくった。
ホテルの裏に路駐。
j-mazuibanmesi.jpg晩ご飯はホテルの下の飯屋で。
これしかないって言われた。晩ご飯やのに。横にあるキュウリのキューちゃんみたいなやつが激カラで死にそうやったけど、うまそうな顔して騙してもりこに食わせた。もりこくらってておもろかった。
35ペソ(400円)。カンクン物価高い。
k-ke-ki.jpg車でスーパーへ。お土産にするビスケット、お菓子、テキーラを買いまくる。9円パンも買った。
ケーキも買った。あんま美味しくなかった。ケーキでかすぎる。1000円ぐらいやで。
車の運転スーパー楽しかった。
DVが散歩がてら歩いて帰るって言うて、俺ともりこ2人でドライブデート。一方通行でUターンミスってぐるぐる回ってただけやけどな。

泳ぎ疲れたから11時頃寝た。
posted by きく at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

メキシコ記 5日目 半分過ぎた

0-tizu-chi.JPG旅行の日程も半分を消化。
メインディッシュのチチェン・イツァーの日が来た。
メキシコに来たのに首都のメキシコ・シティにも寄らず、訳の分からん田舎旅行にした理由はここにあった。チチェン・イツァーを見にメキシコ来たのだ。
0-ari.JPG0-bustike,cichen.jpg朝起きて、シャワー、ヒゲ剃り、ニキビ薬塗ってる隙に、もりこに、俺のベッドにアリを撒き散らされた。くらった。
シャンプーは3回洗うまで泡が出なかった。汚れすぎ。

6時半発のバスでチチェン・イツァーまで。
一生バスやろ?メキシコって電車ないねん。くそ。観光用に北の方に1本線路あるだけ。一生バス。海外の電車好きやのに。

寝てたら着いた。9時。
1-erukasuthi-jyo.jpgチチェン・イツァー。西暦500年頃のマヤの中心都市。で1回遷都して、西暦1000年ぐらいに戻ってきた。2つの時代のマヤの中心都市。

エルカスティージョ。チチェン・イツァーの中心。これが見たかってん。ククルカン神殿とも言うらしい。
内部神殿には生け贄の心臓乗せる台があるらしい。

2-kyuugijyou.jpg3-kyuugijyou2.jpg左の写真は別に意味は無い。球戯場。音が反響しまくるように設計されてるからシャウトした。やまびこなった。
右。これ球戯場の壁画。
横におった英語ガイドの話を盗み聞きしまくった情報によると、サッカーっぽいゲームで優勝したチームのキャプテンは、ご褒美に首をちょん切られる。首から血が吹き出て、その血は芽吹きの祈りを天に届ける。
壁画は、首はねられて、首から血が吹き出て、その血の先から双葉が芽吹いてる場面やってさ。
また優勝者生け贄かよ。何人ニエれば気すむねん。4-ikenienomizuumi.jpg

生け贄の泉(セノテ)。16世紀に調査隊が泉の底をさらったら、財宝とか死体とかでてきまくったらしい。また生け贄。やりすぎ。

深さ60フィート(20mぐらい?)やって。全部英語ガイドの盗み聞き情報。
5-jyaga-sinden.jpg6-cyottoiro.jpg
ジャガー神殿。壁にちょっとだけ当時の色が残ってる。彫刻のクオリティは相変わらず低い。  ジャガーは全然ジャガーに見えない。せいぜい豚。

8-sensino.jpg9-senbon1.jpg10-senbon2.jpg
ツォンパントリっていう「頭がい骨の台座」(生け贄のがい骨を乗せまくる台)とか見た。また生け贄。

写真は「戦士の神殿」生け贄の心臓を最上段のチャック・モールっていう石の像の上に乗せる場所。またまた生け贄。

千本柱の間って場所をもりこがダッシュしてた。まだ午前10時ぐらいやから日差し強くないねん。元気。
c-doukutu1.jpgb-doukutu1.jpg
遺跡とは関係ないが、洞窟があったから入ってみた。涼しかった。
DVは得意の「ダルい」とか言うて入ってこんかった。洞窟前でしゃがんでた。くそ。

c-kousouno.jpgd-maisou.jpgc-hennakumo.jpg
「高僧の墳墓」って場所。偉い人のお墓らしいで。
俺は偉いから埋葬される事にした。せやから穴に入ってみてん。

入るんじゃなかった。身の毛もよだつ思いをする羽目に。今思い出しても鳥肌もんやわ。
中にクモおってん。しかも大量に。もう映画「グーニーズ」とかに出てきそうな足なっがい気持ち悪いのん。
俺虫平気な方やけど、これはあかんかった。メキシコ初日に変な虫に刺されてテンション下がったのもあいまって。
写真あんま分からんけど、1番右の「←キモい」って書いてる場所の奴が分かりやすい。ほんまキモい。
d-akaiie.jpg
地図で確認したら「赤い家」って遺跡が近所にあるはずやったから探した。
マヤ遺跡全部石やから、色基本的に残ってないねん。
せやからなんとなく色見たい症候群にかかってたんかもしれん。

全く赤くなくてショックやった。嘘、大げさ、紛らわしい。
e-amasou.jpgf-karakoru.jpgh-kyoukai.jpg
j-amasou.jpgi-kyoukai.jpg
j-erukasu2.jpg
段々太陽が高くなってきて、暑くなってきた。体力激減。
みんな、砂漠で遭難したら日中は日陰におれよ。太陽出てたら、歩く速度時速1キロになるで。

めっちゃ悲しかったんが、エルカスティージョの内部神殿に入られへんかった事。
チチェン・イツァー見る為にメキシコ行ったのに、その中心たるエルカスティージョの内部に入られへんのは悲しすぎた。係の人とか2,3人に確認したけど「去年で公開終了してて、これから先は分からん」って言われた。悲しすぎ。

メキシコ・シティも行ってへんから、水晶ドクロとかも見てないし。悲しい。
文化遺産マニアの俺としては非常に悔しかった。

あと、ここも荷物預け無料やったのに、もりことDVにはめられて、俺だけ荷物持って遺跡まわる羽目になったのも悲しかった。荷物少ないけど、騙された事が悲しいねん。


チチェン内でもりこがお土産買いまくる。変な仮面とか。1個10ペソ(100円)〜100ペソ(1000円)ぐらいのもんを10個ぐらい。
k-casio.jpg昼ごろ、チチェン・イツァー出てバス待ち。
そこら辺におったおばちゃんに「CASIOのデジカメを修理してくれ」って依頼される。
無茶言うな。いくら日本人でも無理じゃ。

と思ったら直せた。さすが俺やな。

l-buscunkun.jpgm-amefuttekita.jpgn-neru-DV.jpg
カンクン行きの2等バス。雨降ってきた。スコール的な。DV寝てた。俺も寝た。
o-guntai.jpgp-kutusita.jpgq-amamori.jpg
マシンガン撃ってみたい。
エアコン寒すぎやったけど、エアコンに靴下を突っ込む画期的な方法を開発して、寒くなくなった。もりこ天才。
雨降った時、バスが雨漏りした。くらいまくった。
漏るって言うか降るぐらいの勢いで水が透過してたわ。濡れまくった。
途中、もりこが雨漏りにまぎれてペットボトルの水かけてきた。もりこ最悪。

s-sandaru.jpgt-kaban.jpgカンクンついて宿へ。
イースター休暇の為、ビーチが近いホテルは全て満室やってくらった。タクシーの運ちゃん電話とかかけてくれて、色々探してくれたけど全部満室やった。
廃人はビーチリゾートには嫌われるらしい。旅行中初の思い通りならんかった事かもしれん。
結局ホテルゾーンは諦めて、セントロ地区の普通の宿にした。
スーパーとかは近くて便利やけどな。海遠いねん。

もう長距離移動はないから、55円サンダル捨て。ビーチサンダルのみにする。
マヤ織物のカバン。かわいいやろ?気に入っている。
u-moriko.jpgv-ore.jpg
無事カンクンに着いたから宴を催した。
ウラウラホーレ!!左はもりこだ、右は俺ー!オーレー!オーレー!

宴は1時間に及んだ。楽しかった。
w-ufoDV.jpgx-cyokomint.jpg夜の街へ。カンクンは結構都会。DVがUFOキャッチャーしてた。もりこがチョコミントみたいなお菓子食って、まずいって言うてた。

zzz-nannkawakarann.jpg
これなんかおもろいやろ?

多分、車椅子の3人乗りは止めましょう って看板やと思うねんな。

y-9enpan.jpgz-nanikore.jpgzz-purin.jpg
r-yakuruto.jpgスーパーで0.9ペソパンを発見。1個9円やで。安いやろ?思わず2個買った。明日の朝ごはん。
よく分からん気持ち悪いペーストのモノとか、プリンとか買った。
プリンはスプーン無かったからしゃあなしで吸引した。バキューム。
もりこがヤクルト飲んでた。ヤクルト1本30円。日本と同じやねん。高いよな。

俺がシャワー浴びてる時に、DVにブレーカー落とされる。
洗面所は闇に閉ざされた。更に、お湯も出なくなった。

なんかわびしい気持ちになりました。

posted by きく at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

メキシコ記 4日目

mexico-tizu.JPG夜行バスで朝5時ごろカンペチェにつく。

かなり適当やけど地図にした。青い線が旅行で移動したところ。全部で大体1000kmぐらいかな?大阪〜仙台ぐらいか?

1等バスターミナル着。ウシュマルへは2等バスターミナルからしかバスが出てないから、タクシーで「ア キエロ イル テルミナル アウトブス セグンダ グラッセ(バスターミナルに行きたい、2等)」って言うて2等バスターミナルへ。
6時発ウシュマル経由メリダ行きのバス乗る。

メキシコ滞在3日目にして、もりこがスペイン語マニってきてた。

カンペチェは街全体世界遺産やねんけど、見る場所ないねん。せやから素通りさせていただきました。
0-asamoya.jpg
カムチャツカの若者がきりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は朝もやの中でバスを待っている

ってぐらい朝もや出てた。んで学生がいっぱい乗ってきた。1等バスは直通やけど、2等バスは途中で乗ったり降りたりできるねん。
c-DVkannyuu.jpg
DVが横の人に宗教の勧誘されまくってた。「福音、福音」って言われまくっててかわいそうやと思ったが、無論、助けなかった。

2時間ぐらいか。ウシュマル到着。10時ぐらい。
4-usyumaru.jpg1-mizunosei.jpgウシュマル遺跡。西暦600年、7世紀〜10世紀のマヤ古典期に作られた遺跡。
マヤのオリジナル様式で幾何学模様の装飾が多い。
時代はパレンケ遺跡と同時期。

毎度おなじみやけど、周り全てジャングル。メキシコって砂漠とサボテンイメージやったけど、ジャングルしか見てない気する。

mahoutukainopiramiddo.JPG3-heri.jpg5-usyu.jpg
6-iguana.jpgiguana-cyokkai.JPGウシュマル入場料95ペソ(1000円)。高いな。荷物無料預かりが嬉しい。
相変わらず日差しが強い。死ねる。
軍のヘリが飛んでた。
イグアナいまくった。イグアナ猟っぽい事しまくった。
「グラン・ピラミッド」から帽子投げて1番とばんかった奴が罰ゲームで「イグアナ食った事ありますか?」って誰かに聞くって対決をした。

俺負けた。

日本人カップル(28歳ぐらい?)に遭遇。趣味の一致って素敵やんな。

7-ippainoheya.jpg見た順序前後するけど、2番目に見たのがこの「総督の宮殿」。
修復作業してる。でもやる気は感じられなかった。中にツバメいまくって、糞がありまくって、悲惨やった。中臭い。

糞と雨が混ざったら酸なって石溶かす、とか聴いた事がある。ちゃんと保護しろ。

建物自体かなりでかいねん。総督の宮殿も他のも。でも内部が異常に狭い。がらんどうになってない。でかい直方体の岩に周りから穴あけて、ちっこい部屋何個も作ってる感じ。しょぼいやろ?建築技術の低さがうかがえる。

やっぱマヤ人は宇宙人ではない。

a-usyunokyuugijyou.jpg8-usyunoama.jpg9-mayaa-ti2.jpg
左の写真。右上(俺の上)の丸っこいのがゴール。球戯場。
ここでサッカーみたいなゲームで優勝したら、ご褒美に心臓むしり取られて生け贄にされる。優勝したら生け贄。頭悪い。
優秀な生け贄を捧げる為、優勝者殺す。くそすぎる。

しかも毎日生け贄らな、次の日太陽昇ってこうへんって信じられてたから、毎日殺してたらしい。アホすぎやと思わん?男おらんくなるやん。マヤ人くそ。絶対宇宙人ちゃう。
優秀な男から順に生け贄やで。そらスペインに滅ぼされるわ。

まあ逆にそれでも人口を保てるところから推測するに、一夫多妻的な、ハーレム的な、優勝したら次の日の生け贄までの間、ハレームで種を残すみたいな事があったのか無かったのか…とかも考えられるよな。ガイド雇ってないから全部想像やけど。

にしても毎日優秀な人から順に殺すのはやりすぎ。女は産む機械ちゃうぞ。

1回ぐらい生け贄休憩してみて「あれ?太陽昇ったやん。神官パチこくな!」ってならんかったんかな?頭悪いよな。

歴史やねんから生け贄の儀式自体を否定する気は毛頭ないけど、マヤ人宇宙人ちゃうって事は確実やな。
b-majyonopiramido,,.JPG
とかなんとか考えつつ、ウシュマル見終えた。ウシュマルはツバメとイグアナいすぎ。あと暑すぎ。

ウシュマル出てメリダへ。バス、108ペソ(1200円)明らかに物価が上がってきた。田舎はもっと安かった。
d-moriko,sentaku.jpgf-hana.jpgメリダ着いた。メリダは当初の予定では滞在せんつもりやってん。予定変更。せやから町の様子とか下調べしてなかった。
まあ適当にホテル探して入る。もりこ洗濯。初エアコンありの宿。ベッドも3台。ただ、シャワーは水だけ。トリプルで380ペソ(4000円)。

g-mesiya,merida.jpgh-mesiya,.jpgメリダで食った飯がめちゃうまかった。しかも安かった。1人300円ぐらい。ライスがあってん。やっぱ日本人はお米ですよね。
メキシコにはライスとヌードルが存在しない。お米と麺がなくて何食うねんって感じやろ?
トウモロコシとパン。
メキシコ料理、味はいけるけど、ライスとヌードルが恋しくなる。


ご飯後単独行動に。俺は1人でホテルに洗濯へ。もりこ、DVは市場へ買い物へ行きました。
i-meridanokyoukai.jpgj-meridanonikuya.jpgk-meridanoyasai.jpg
俺洗濯後ソロ。
教会があったので潜入。写真撮ったら神父さんに怒られた。
ごめん。何言うてるか分かりません。
肉市場と野菜市場に迷い込んだ。DVと遭遇。一生会えんかとも思ったが意外と会うもんやな。

また別れてソロ行動。
l-funstation.jpgm-patimon.jpgその市場でちょっとおもしろかったんがこれ。ファンステーション。プレステのコピー商品。くそやろ?CD型やのにカセットやねん。安かったら買おうと思ってんけど
「俺は日本人や。このカセット、任天堂のファミリーコンピューターでも動くんか?」
「任天堂って何よ?これは正規品だから、ちゃんと動くわよ」
「嘘つけ!ファンステーションって書いてるやんけ!んでなんぼやねん?」
「カセットが50ペソ(550円)だわよ」
「ファミコンに、このカセットさして動くんか?」
「かなり動くわ。だって正規品だもの」
くそ。ファンステーション本体500ペソ(5500円)やった。今思えばカセットだけでも買えば良かった。
n-muhi.jpg
もりこがマラリア疑惑の患部に塗るムヒっぽいの買ってた。20ペソ(200円)。
市場近くのパン屋で日本人がおった。店員として。メキシコに来て1年目ぐらいで働いてるねんてさ。あんま詳しく聞かんかったけど、日焼けしまくってて現地人と見分けつかんかった。公園でシーソー遊びしてたら、現地人に笑われまくった。メキシコ人は力のモーメントとか知らんねやろな。
p-dentou,dansu.jpgq-odoriko.jpgr-kanoke.jpg
いったん宿へ。仮眠。夜は公園にショーを見に行く予定やったから、見に行った。寝てたもりこは放置した。もりこショー見逃し。
途中でDVが「おもんない」って言うて1人で帰った。くそ。またソロ。
踊り子さんと一緒に、イギリス人のおばちゃんに写真撮ってもらった。
棺屋さんで棺桶売ってた。メキシコ土葬かよ。
s-pan.jpg
宿に帰ると、日本人がおった店で買ったパンがアリに食われまくってて悲しかった。
朝ご飯用やったけど、アリに一晩さらす気にはなれず、夜食った。

DVが、おみやげ物屋でクソ土産を1000円で買わされてた。アホい。
 
posted by きく at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。