2011年10月30日

ええ感じのハンドメイドバッグ

便利、不便とかはあるけど、チェーン店ばっかりの街並みに面白みを感じない人は少なくないはず。

現代では「修理するより新しいもの買った方が安いですよ」っていうのが家電量販店では当たり前のセリフになっている。事実やけどさ。ハンドメイドのものを使うと、そういうものの裏に追いやられた気持ちを思い出せる。

クラフトマン・シップやら、ハンドメイドやら、アンティークって結構好きで、別にハンドメイドでアンティークやから値段が高いって訳でもないんすよね。
bagwhite_1.jpgbook6.jpg
http://shiroimokuren.web.fc2.com/
http://shiroimokuren.cart.fc2.com/

例えばこんなとか。 shiroi mokuren
ハンドメイド独特の柔らかい雰囲気。一点ものにしか持ち得ない、ものへの愛を感じますな。
プレゼントとかにもできるし、自分用にももちろんいける。俺は男やから、あんまり自分用にはいけないが。

ものの中に、マスプロにはないストーリーを感じます。

leaves13.jpgletterop11.jpg
http://www.iiji.co.uk/others.html
Ai Iijima(偶然あのAV女優と同姓同名やが別人)。
メガネスタンドとスプーン、レターオープナーはここのものを使ってる。鉄やから気つけなサビるんやけど、またそういう手間かかる部分も可愛い。

teaspoon_03.jpgそもそも、物には愛を持って接っさんとあかん。
「高いええもん買うより、1980円のん毎年買いなおす方がいいですよ。新製品の回転も速いですし」
こういうセリフとは全くの対極に位置する。

スローライフではないが、少し心を豊かにしてみませんか?
posted by きく at 00:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。